プロの業者に「エアコンクリーニング」を依頼しました

プロの業者に「エアコンクリーニング」を依頼しました

エアコンクリーニングはプロの業者に頼むべきだと痛感した

 

雨の日が続いていますが、やっぱり暑いので毎日のようにエアコンを使っています。

 

4歳の子と0歳の赤ちゃんがいるので、汚染された空気をまき散らすエアコンでは困ると思い、夏の初めにフィルターなどの掃除をひと通りやりました。

 

 

ところが最近、エアコンが「カビ臭い」ことに気付いたのです。(;・∀・)

 

 

 

もしや、内部にカビが生えているのでは…。

 

 

 

おそるおそる脚立に上って吹き出し口を撮影してみると…。

 

 

 

 

ギヤァ〜っ!! 

 

 

 

 

フラッシュを付けて撮影してみたら、カビだらけだったんです…。( ;∀;)アチャ〜

 

 

「ウチのエアコンって、外観は白だけど、吹き出し口は黒なんだな〜。」

 

なんて思ってたら、違いました。( ;∀;)

 

 

 

さっそく電話して予約。笑

 

 

「なんとなくカビ臭い気がする」という状態は、かなりカビが繁殖した状態らしいです。汗

 

 

やばい…。

 

 

「一刻も早くプロに掃除してもらいたい。」

 

 

「もう、それができないなら、いっそのこと今すぐ買い替えてしまいたい」とさえ思いました。笑

 

 

 

 

プロの業者にエアコンクリーニングを依頼するとどうなる?

 

まず、プロの業者に頼むときに気になるのは、

 

 

作業時間

 

料金はいくらか

 

おじさんが何人くるのか

 

汚れは飛び散るのか

 

完全にキレイになるのか

 

 

などですよね。

 

 

作業時間はエアコンの種類にもよりますが、「セルフクリーニング機能付き」の機種だったので、

 

3時間かかりました。

 

 

 

お値段は、セルフクリーニング機能付きで、壁付けタイプのエアコンだと

 

18,800円

 

 

一番シンプルなエアコンだと「7千円台〜」という感じだそうです。

 

 

 

家に来たプロのおじさんは1人。

 

とても優しい中年のおじさんです。笑

 

プロのおじさんが準備しているところ

 

 

まぁ、これはその時のスタッフの状況によって変わってくると思いますが、大人数で押しかけてくることはないので安心して大丈夫です。笑

 

 

 

エアコンを掃除するにはプロが分解しなきゃムリ!

 

プロのおじさんがとても優しかったので、勉強のために終始見学させていただきました。笑

 

プロの技をどうにか覚えて、このブログを見てくれている皆さんに還元してしまおうと…。(。-∀-)シメシメ

 

 

 

だが、しかーし!

 

 

この考えは一瞬にして打ち砕かれます…。

 

 

まずおじさんが始めたのは、丁寧なマスキング作業。

 

 

 

マスキングシートで手際よく、エアコンの周囲を隙間なく覆っていき…

 

 

 

よくCMとかで見る「汚れた水」が一箇所に流れ落ちるように、丁寧にシートを加工していきます。

 

 

もうこの時点で再現不可能だと思いました。(;・∀・)

 

自分でやるとなったら、コレ超絶面倒くさいです。

 

 

この画像を見て再現できそうな人はぜひやってみてください。笑

 

 

さらにムリだと思ったのは、やはり道具。

 

 

 

なんか高圧でブシャーッ!するやつとか…

 

 

 

どう組み合わせたらいいのかわからないホースたちとか…

 

 

とても道具が高そうだったので、自分で買っても元がとれる気がしないと感じました。( ;∀;)

 

 

 

プロのおじさんは特に組み立て図を見るわけでもなく、エアコンを分解していきます。

 

 

 

分解の仕方は特に説明書にも書いていないし、「なんとなくバラす」ことはできても、「どの順番でどれを戻して取り付けるのか」がわからなくなってしまいますね。

 

その点、プロのおじさんはさすがに業務としてやっているだけあって、手際よくバラバラにしていきます。

 

 

開けてビックリ!

 

 

え? …。 え?

 

 

 

「これ…、本当にウチのエアコンですか?」

 

って感じです。

 

 

自動クリーニング機能が作動しているにもかかわらず、この汚れ。

 

 

さすがに5年も使っていれば、内部はこんな感じになってしまうのですね。( ;∀;)キタナイ

 

プロのおじさんに言わせると、「まだマシなほう」だとか…。

 

 

 

プロのおじさんはまず、掃除機みたいなやつで積もり積もったホコリを丁寧に取り除いていきます。

 

 

 

その後は、よくCMとかでも見る高圧洗浄的なやつで隅々までブシャーッ!っと…

 

 

 

そして出てきたドロドロの真っ黒な液体がコチラ↓

 

 

 

スゴ過ぎ…

 

 

もはや言葉も出ません。(。-∀-)

 

 

こんなに真っ黒な汚れを毎日吸い込んでいたのかと思うと、呼吸困難になりそうですね。

 

 

内部のクリーニングが終了すると、おじさんは

 

「浴室使っていいですか?」

 

と聞いてきたので、私は

 

「あぁ、これだけの汚れやカビを退治したら、そりゃシャワー浴びたいよな〜」

 

と思ったので、「いいですよ!どうぞっ!」と快諾したのです。

 

ところがプロのおじさんは浴室へ向かうと、はずした外側の大きいパーツを洗浄してくれたのです。

 

 

そういうことか…。

 

確かに、これだけ大きな部品は部屋じゃ洗いきれませんよね。

 

つまり、エアコンクリーニングを依頼すると、おじさんがシャワーを浴びるためではなく、大きなパーツを洗浄する場所が必要になるということです。

 

庭や浴室など、広くて排水設備がある場所を使用しなければならないことを考慮しておきましょう。

 

 

業者さんの方針や、居宅の設備によっても変わってくる部分だと思うので、予約する際にあらかじめ確認しておいた方がよさそうですね。

 

 

 

まとめ

 

今回エアコンクリーニングをプロの業者にお願いして、本当によかったです。(≧▽≦)

 

実際にビフォーアフター画像で成果を見てみましょう。

 

 

本体パネル内側

 

BEFORE

 

 

AFTER

 

 

 

吹き出し口

 

BEFORE

 

 

AFTER

 

 

 

フィルター

 

BEFORE

 

 

AFTER

 

 

 

もはや新品。( *´艸`)

 

 

 

 

これらを素人が全部自分でやるのは不可能です。(。-∀-)

 

ちゃんとプロの業者に依頼するべきですね。

 

できれば1年に1回とか、最低でも2〜3年に1回はクリーニングするべきだと感じました。

 

 

全国365日、24時間対応している業者さんに相談してみましょう。

 

【お掃除マスター】

 

 

 

部屋中キレイな空気になったので、気持ちよく深呼吸できるようになりました〜(*´▽`*)スッキリ

 

 

 

おわり♪