家庭用キッチンスモーカー(燻製器)「スモークキュート」と「キッチン香房」を比較

家庭用キッチンスモーカー(燻製器)「スモークキュート」と「キッチン香房」を比較

家庭用キッチンスモーカー(燻製器)「スモークキュート」と「キッチン香房」を比較

 

燻製(くんせい)にハマっています。(*´▽`*)

 

 

 

何と言ってもその味わい深さと香りとコクに感動してしまい、家庭用のカセットコンロで作れる燻製器(キッチンスモーカー)を使っています。

 

この手軽さは堪りません。

 

バーベキューが大好きなので、そのついでだったり、ちょっとしたおつまみ作りに活用しています。

 

 

 

もともと燻製を始めようと思ったキッカケは、防災意識からです。

 

 

燻製と防災が何の関係があるの?

 

 

って思いますよね。

 

 

今でこそ、燻製は贅沢品という位置付けですが、もともと燻製とは、古くからの知恵で、食料を保存する技術の1つ。

 

映画「サバイバルファミリー」を見て、その中で登場する燻製を涙を流して美味しそうに食べる姿が衝撃的で、すぐに始めたのがキッカケ。笑

 

 

私がポチったのは、この2つの燻製器。

 

 

本間製作所のキッチンスモーカー「スモークキュート」

 

 

 

SOTOの鍋型スモーカー「キッチン香房」

 

 

 

どちらもキッチンのコンロやカセットコンロで使えて、本格的な燻製を楽しめる逸品です。

 

燻製器は様々な種類がありますが、初心者でも手軽に安定して使えて楽しめるのは、この2つだと思います。

 

 

 

 

「スモークキュート」と「キッチン香房」の違い

 

 

大きな違いは、煙の量と、調理量。

 

 

スモークキュートの方が、どう見ても一回り大きいことはすぐにわかると思いますが、フタが完全に閉まるタイプなので煙が少なく、屋内でも使えるというのが売り。

 

 

 

一方、キッチン香房は、フタは密閉せず、ガンガン煙を放出するタイプの燻製器です。笑

 

当然ながら屋内でやると、部屋ごと燻製されてしまいます。笑

 

 

 

 

「スモークキュート」と「キッチン香房」を同時に使ってみた

 

 

防災用に2つカセットコンロがあるので、この2つの燻製器を同時に使い、違いを確かめてみました。

 

 

 

今回燻製するのはゆで玉子や、ベーコン、サーモン、チーズや鶏肉などです。

 

 

まず、スモークチップを両方の鍋底に入れます。

 

スモークキュート

 

 

キッチン香房

 

 

 

具材を入れて、、、

 

スモークキュート

 

 

スモークキュート

 

スモークキュート

 

 

 

キッチン香房

 

 

 

今回、スモークックチップには「サクラチップ」を使っています。

 

このまま具材に応じて5分〜10分、火にかけます。

 

 

鍋底が熱くなると、徐々にスモークが。

 

最も煙が多いときで比べると、2つの違いはこんな感じ。

 

 

 

チップの量はどちらも同じですが、やはりスモークキュートはフタが閉まっているので、煙が圧倒的に少ないですね。

 

これなら確かに室内で使っても大丈夫かもしれません。

 

 

火をとめたら10分余熱で放置します。

 

 

それではフタをオープン!

 

 

この時ばかりは、スモークキュートも煙がボワーンッと出ます。

 

 

 

屋内で使う際には、換気扇の下で少しずつフタをズラして煙を徐々に出した方がいいと思います。

 

 

さて、肝心の出来具合はどうでしょうか。

 

スモークキュートで燻製したチーズ

 

 

スモークキュートで燻製した漬け玉子

 

 

スモークキュートで燻製したベーコンとサーモン

 

 

キッチン香房で燻製したササミ、ベーコン、タコ

 

 

 

どちらも鍋に入れて火にかけただけなのに、完全に燻製されています。(≧▽≦)

 

 

とっても美味しい。(*´艸`*)

 

 

 

味や食感の違いは、

 

スモークキュートの方がしっとりしてて水分多め。

 

 

キッチン香房は、「ザ・燻製」という感じで、イイ意味で程よく乾燥している感じ。

 

個人的には、キッチン香房の食感が好きかな。笑

 

 

スモークキュートは煙が少ないのはイイですが、フタを閉めると水気が蒸発しないので、良く言うと「みずみずしい」ですが、失敗すると「ややベチャ感」が出てしまうことがあります。

 

ただ、煙が少なくて、IHコンロでも使えるというポイントは大きいです。

 

容量が大きい分、洗うのが大変というのはありますが。笑

 

 

私の場合、屋内で使う時は「スモークキュート」。

 

屋外で使うときは「キッチン香房」という具合に使い分けています。

 

 


 

 

 


 

 

 

 

バーベキューやお酒のおつまみに、本格燻製が作れる燻製器。

 

楽しみながらも防災になるのでオススメです。

 

 

まずは家庭用の燻製器から初めて、徐々にグレードアップしていったら楽しいですよね。(´∀`*)

 

 

何事も遊びながら極めたもん勝ち♪

 

 

 

よい1日を♪

 

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

ミニマリストのバーベキュー(最新版)

 

エバークックフライパンを2年半使い倒した結果…。

 

子供が最短で自転車に乗れる方法