折り畳める薪ストーブをテントにインして泊まったりアレコレやってみた結果…

折り畳める薪ストーブをテントにインして泊まったりアレコレした結果…

 

キャンプ大好きミニマリストのミニママです。

 

 

真冬でもキャンプしています。笑

 

 

マイホームに暖炉が無いので、キャンプでその欲求を満たすべく、テントに薪ストーブをインして楽しんでいます。

 

 

 

 

 

薪ストーブは冬しか使わないからキャンプ用品の中では比較的高価ですが、暖をとるには最強のアイテムであることは間違いないです。

 

頻繁に出撃するキャンパーさんの場合、薪ストーブは「タフでエコで調理もできる」アイテムなので、何かしら1つは薪ストーブを持っているのではないでしょうか。

 

 

冬キャンプへ行く楽しみの1つでもありますね。(*´艸`*)

 

 

 

 

ウチはトヨトミの石油ストーブも愛用していますが、石油ストーブとの違いについてもお話したいと思います。

 

 

 

 

折り畳みの薪ストーブ「ショウズ 焚き火の箱G-neo」

 

 

 

ウチが所有しているのは、いかにもミニマリストのキャンパーが好きそうな折り畳みできる薪ストーブです。笑

 

 

現在アマゾンなどでも販売されているのは、「easy400G」という型で、「G-neo」は売り切れ状態になっていますね。

 

 

 

 

ただ、気になるのは

 

 

「強度はどうなの?」

 

「重さはどれくらい?」

 

「組み立て面倒じゃね?」

 

 

ってとこですよね。

 

 

 

主観で結論から先に言ってしまうと、この暖炉はマジでサイコーです。笑

 

何がイイって、炎が燃えている様子が大きなガラス越しに見ることができるし、バイクツーリングのキャンパーさんでも持ち運べるくらいコンパクトになるから。

 

 

重さはそれなりですが、強度を確保する都合上、「これ以上でも以下でもないだろうな」って感じの設計になっています。

 

 

 

 

開封から組み立て、ちょっとしたコツまで語るよ

 

 

さんざん使ってみたからこそ分かる「折り畳み薪ストーブ」について語ります。( ・`д・´)

 

 

 

開封の儀

 

こんな感じのコンパクトな段ボールで届きます。

 

 

 

開けるとピッカピカのステンレスたち。

 

 

 

まだ焼き色も入っていない頃の写真です。

 

国内のメーカーなので、写真付きの丁寧な説明書が付属し、アホな私でもサクッと組み立てることができました。

 

 

 

片側の大きな壁面と薪をくべたり空気の流入量を調節する窓は耐熱のキレイな強化ガラスになっています。

 

 

 

後述しますが、このガラス壁面は追加で注文できるので、私は側面を両方ともガラスにして使っています。

 

 

これが煙突です。

 

 

 

本体と煙突は別売なので、一緒に注文することをオススメします。

 

煙突自体もコンパクトに折り畳める専用品だからです。

 

 

この煙突がポイントで、円筒型ではありません。

 

よくある薪ストーブって、煙突はバラバラに外せるけど、円筒型なので、「折り畳む」ことはできないですよね。

 

この「ショウズ 焚き火の箱」ならではのコンパクトさはこの煙突の工夫にあると言っても過言ではないでしょう。

 

ひとつなぎにパーツが連結されていて、カチャカチャっと展開して両面を合わせれば、立派な煙突に早変り。

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

アイアンマンの変身か、トランスフォーマーの変形みたい、、、

 

とにかくカッチョイイです。笑

 

 

本体の端に差し込んで固定すれば、薪ストーブの完成!

 

 

畳んだ状態はこう。

 

 

写真の左側が伸ばした状態で、右側が畳んだ状態。

 

 

 

 

燃焼効率がめっちゃイイ

 

 

 

燃焼室が長くなっていて、ホームセンターやキャンプ場で販売している薪がカットしなくても、そのままダイレクトに放り込めます。

 

暖められた空気は煙突の中を上昇する力に変わるので、当然ながらウチワでパタパタ扇ぐ必要はなく、勝手に流入口から空気が入っていきます。

 

火さえついてしまえば、あとはテキトーに薪を追加していくだけ。

 

この原理はバーベキューの煙突効果でもお話した通りです。

 

 

過去記事

 

ミニマリストのバーベキュー2017

 

 

透明なガラスから、キレイな炎の揺らめきが楽しめます。

 

 

 

 

両側面をガラスにするとめっちゃキレイで暖かい

 

テント内の設置する場所にもよりますが、薪ストーブの側面に十分なスペースがある場合、燃焼室の側面を両方ともガラス張りにすることで、美しい炎を両方向から楽しむことができます。

 

 

 

 

 

ガラス面は熱が外に伝わりやすく、めっちゃ暖かいです。

 

なので、両面ガラスにすれば、屋外に置いても焚き火のように囲んで団らんすることができるのです。

 

 

 

 

 

一般的な薪ストーブって、のぞき窓がめっちゃ小さかったり、窓自体が存在しないモノが多いじゃないですか。

 

その点、この暖炉はガラス張りにできてしまうので、「炎の揺らめきをダイレクトに楽しめる暖炉」なワケです。

 

 

キャンプの醍醐味と言えば、やはり焚き火の炎ですよね。

 

揺らめく炎を見ているだけで落ち着くし、とても幸せな気持ちになります。(*´▽`*)

 

 

焚き火と違うのは、煙突という高い位置から上に煙が排出されるので、焚き火特有の「煙い」「くさい」「目が痛い」という不満からも解放されます。

 

まさに「焚き火のイイとこどり」ができちゃうワケです!

 

 

 

 

薪ストーブの天面で調理ができる

 

 

 

暖炉と言えば、天面での調理が楽しいですよね。

 

中でボーボーに薪が燃えているので、当然ながら天面アツアツで調理ができちゃいます。

 

 

揺らめく炎を眺めながら、ゆっくりと料理を楽しむことができて、なんて素晴らしい暖炉なんだっ!って。

 

サイコーかよ。笑

 

 

 

 

テントにインするには、そりゃ穴が必要です

 

 

テントに暖炉をインするためには、当然ながら煙突を出す穴が必要ですよ。

 

たとえばツーリングテントなどのナイロン系生地のテントの場合、我が家の場合はテントの天面をくり貫いて補強し、煙突を出しています。

 

 

 

生地に触れると溶けてしまう恐れもあるので、ホームセンターに売ってるメッシュシートなどをテキトーに巻いて煙突カバーに。

 

この「焚き火の箱」専用の煙突カバーも売っています。

 

 

 

 

大きめの手提げバッグにざっくり収納

 

 

普段の収納にはカインズで買った手提げバッグに突っ込んでいます。

 

 

 

 

付属のバンドで固定すれば、ツーリングテントと一緒にバイクにも積めるコンパクトさに。

 

 

 

 

 

天板を外してBBQグリルにもなる?

 

私なりの使い方ですが、暖炉の天板を外してテキトーな網を敷けば、グリルとしても使うことができちゃいます。

 

 

 

これに関しては好き嫌いがあると思いますが、グリルを持たずとも、暖炉だけで済ませることができるわけです。

 

バーベキューが終わったら、そのまま天板を付けて暖炉に変身させ、テントにインする流れで。

 

 

「肉焼いたら臭くならない?」

 

 

って感じですが、暖炉はフツーのグリルと違い、強い炎で燃やすため、「焼ききる」ことができます。

 

なので意外と臭いや汚れは付きにくいわけですね。

 

仮に臭いがついてしまったとしても、バラバラに分解してパーツごとに丸洗いすることができるので安心。笑

 

 

 

 

 

石油ストーブと薪ストーブの違い

 

 

キャンプ用に石油ストーブを持っていることは先日お話した通りですが、それぞれに良い点があるため、スタイルによって使い分けています。

 

 

例えば、灯油が手に入らない場所や、バイクツーリングなど限られた荷物でやりくりするミニマムなキャンプスタイルの場合、やはり薪ストーブをチョイスします。

 

 

ただ、薪ストーブの場合には、薪が含む湿度によっても燃え方が変化しますし、どんなに長時間燃える広葉樹を使ったところで、平均3時間位しか持ちません。

 

なので就寝時は誰かが時々起きて薪をくべる手間が必要になります。

 

 

つまり、グランピング(快適なキャンプ)を追求する場合は石油ストーブで、無骨にやりたい場合は薪ストーブって感じで使っています。

 

 

 

 

薪ストーブに備長炭をくべると長持ち?

 

 

薪ストーブの燃焼時間を長くするため、薪の代わりにバーベキューなどで使用する備長炭を使うこともあります。

 

 

 

まぁ、備長炭を持っていく余裕があればの話ですが。笑

 

 

この場合、火力は弱いですが、パンパンに積めておけば6時間くらい持つので、「チョロ火で朝まで寝たい!」って時はオススメです。

 

ガラス面が広いこの薪ストーブなら、幕内は十分に暖かいですし、煙突からの煙も少なく、ほぼ無色です。

 

 

 

 

 

おわりに

 

 

長々と語ってしまいましたが、折り畳み暖炉の素晴らしさは伝わりましたでしょうか。笑

 

この寒い冬もキャンプに行きたくてウズウズしているのは、こーゆーアイテムも楽しめるからです。

 

 

 

冬キャンプは虫も猛獣もいないし、人も少ないので、静かに楽しむことができます。

 

サイトには上級者の比率が高くてマナーも良いし、上級者は「どんなテントやツール使ってるんだろ?」って参考にもできますね。

 

 

外は確実に寒いですが、晴天率が高い(雨が少ない)という意味ではテント泊に向いている時期でもあります。

 

 

キャンプに行かなくても、庭で炎の揺らめきを楽しみながら、薪ストーブで焼きいもを焼くだけでも楽しいですよ〜。

 

 

 

開けてビックリ紫のお芋さんΣ(・ω・ノ)ノ!

 

 

 

寒い冬なのに、あえて外に出たくなる薪ストーブで冬キャンプを楽しんじゃいましょう。(´∀`*)

 

 

 

よい1日を♪