「カリタ ナイスカットミル」のお手入れ(お掃除)方法まとめ

「手入れ」も楽しいコーヒータイムのひとつ

 

 

 

コーヒーがめっちゃ好き。(*´▽`*)

 

今日は愛用している「カリタ ナイスカットミル」のお手入れ(お掃除)方法を画像付きで詳しく紹介します。

 

このミルはコーヒー好きが最終的に買ってしまう最高のミルです。

 

お手入れも簡単なのですが、ちょっとした注意点もあるので参考にしてください。

 

まず準備する掃除用具はこちら。

 

 

500円玉はダイヤル横のネジを外すときに使います。

 

他の硬貨でも大丈夫ですが、500円玉が一番しっくりきます。(軽い力でネジが外せる)

 

 

バネに気を付けろ!ビョーンッてなるから!

 

お手入れするときに外すパーツはこれで全部です。

 

 

この画像意外の部品があったら・・・、

 

最新式に買い替え時ですね。笑

 

 

まずは豆を入れるホッパーを外して、洗いましょう。

 

特に固定されているわけではないので、上に引っこ抜くだけです。

 

 

 

どれくらいの頻度で掃除したらいいの?

という意見がよくありますが、ホッパーを外して上からのぞき込むと、中がこんな感じに詰まっている感があれば、掃除した方がいいですね。

 

 

 

次は、ダイヤル横についているネジを2か所外します。

 

 

 

硬貨で反時計回りに回してゆるめましょう。

 

 

ネジを外して、ダイヤルと刃の部分を手前に引くとはずれます。

 

 

2〜3か月放っておいただけでも、使用頻度が高ければ、けっこうカスが詰まっていますね。

 

 

このままカスが溜まっていくと、豆が均一に挽けなくなり、味が変わってしまいます。

 

 

刃の部分を外すと、先端に小さな「バネ」が。

 

 

これが意外とビョーンッと飛んでいきやすいので注意してください。

 

元に戻すときも必ず装着するバネなので、お手入れ中になくさないように気を付けましょう。

 

 

 

取り外した部品や本体内部はハケを使って掃除します。

 

 

ハケで落ちない細かな部分は、「ようじ」でつついてキレイにします。

 

金ブラシをお持ちの方は、一気にゴシゴシやってもイイですね。

 

 

ダイソンの掃除機をお持ちの方にだけ、とっておきの裏技を。

 

こうです。笑

 

 

日頃から落ちてくるカスなんかも、溜まってきたら、こうです!

 

 

微細なゴミまで吸い取れるダイソンなら、コーヒーのカスくらい楽勝ッス。笑

 

こういう粉系の除去に強いって最高ですね。(≧▽≦)

 

 

ひと通りキレイにできたら、こんな感じになります。

 

 

気持ちがイイですね〜。

 

さっそくコーヒーが飲みたくなります。笑

 

 

内部の掃除が終わったら、部品を戻していく作業ですが、この時も少しコツがあります。

 

まずは、先ほどから気にかけているバネを先端に戻して・・・

 

 

刃だけを装着します。

 

このときに、下の写真のように、奥まで正しくセットされているか確認しましょう。

 

 

最後にダイヤルをはめて、ネジを2か所付けて硬貨できつく締めれば終了です。

 

 

このミルのすごいところはやはり刃が鋭くて、細かいので豆が均一に挽けるということですね。

 

 

 

最新型はもっと高性能になって好評です。

 


 

 

おわり♪