コーヒーの挽き豆は「茶こし」でふるいにかければもっと美味しくなる

コーヒーの挽き豆は精度を上げればさらに美味しい

 

 

 

コーヒーが大好きです。(*'ω'*)

 

一年中コーヒーを飲んでいます。

 

妊活中でも飲める美味しいデカフェのコーヒーがあるので嬉しいですね〜。

 

 

ところで、みなさんはコーヒーの挽き豆を「茶こし」で漉(こ)したことはありますか?

 

私も時間的に余裕があるときだけですが、茶こしを使って引き豆の精度を上げています。

 

今回はその詳しい方法を紹介。

 

 

コーヒーの挽き豆は粒の大きさをそろえると美味しい

 

 

挽いた豆をドリップするときなどに、「挽き豆の粒の大きさが均一になっているか」で美味しいドリップができるかどうか決まります。

 

料理で美味しいダシをとる時などと同じことです。

 

ナイスカットミルなど、精度の高いミルを使用すれば、ある程度均一にすることは可能ですが、それでも微粉(細かい粉)が出てしまいます。

 

この微粉が多いと、コーヒーの「雑味」や「苦味」、「えぐみ」が出てしまうのです。

 

そこで、挽き豆を「茶こし」にかけて微粉を取り除きましょう。

 

 

ラーメンの湯切りをイメージ

 

 

私が使っているのは、このような取っ手がついている茶こし。

 

行列のできるラーメン屋さんが至極の一杯を振る舞う湯切りのように、茶こしで豆を漉す(こす)のです。笑

 

イメージ

 

挽いた豆を茶こしに移して、

 

小刻みに湯切りするように揺らして、微粉を落とします。

 

 

この微粉でドリップフィルターが目詰まりを起こすと、上手にドリップできないので、可能な限り取り除きたいです。

 

ナイスカットミルで挽いていますが、↑これだけ微粉が出てしまいます。笑

 

新型のナイスカットミルなら、さらに粒が均一になるそうですが、まだシルバーが発売されていないので考え中です。

 

 

 

土手をつくりながら丁寧にドリップすれば、最高にクリアでキレのある美味しいコーヒーが淹れられます。(*´▽`*)

 

 

 

茶こしは手が汚れないように取っ手付きがおすすめです。

 

アマゾンでベストセラー1位の茶こしはコチラ↓

 

 

いちいち洗ってお茶と両方で使い回すのは面倒なので、コーヒー専用に1個あると便利ですね。

 

最高のドリップをするための条件を1つずつクリアしていけば、必ず美味しいコーヒーは完成します!(^^♪

 

 

おわり♪