自家焙煎珈琲(コーヒー)やすらぎ「モカブレンド」が美味しい

自家焙煎珈琲(コーヒー)やすらぎ「モカブレンド」が美味しい

コスパがよくてちゃんと美味しいコーヒー豆

 

 

人気の自家焙煎珈琲やすらぎ。

 

「モカブレンド」を「豆のまま」で1kg買っています。

 

 

この価格で「受注後焙煎」が嬉しい

 

かなりコスパがイイ豆だと思います。

 

その理由の1つが、ちゃんと受注後に焙煎しているということ。

 

袋には焙煎日のシールが貼られていて、注文日の2日後に焙煎されていることがわかります。

 

アマゾンで注文しましたが、到着日は焙煎日の翌日でした。

 

まさに新鮮そのもの。

 

 

1kgを注文すると、200gのパックが5個入った状態で届きます。

 

 

1つ1つに銘柄と焙煎日がちゃんと明記されています。

 

 

 

「ブレンド」なので、豆の大きさが不ぞろいですが、どれも同じ「中深煎り」。

 

ちゃんと別々に焙煎した後、ブレンドされていることがわかりますね。

 

 

ブレンドは「エチオピア」の豆に「アマレロブルボン」をブレンド。

 

 

エチオピア豆は、フルーティーな香りと強い酸味が特徴。

 

アマレロブルボンは、ブラジルの豆で欠点が少ない独特の香りと甘みを持った稀少な品種です。

 

通常コーヒー豆は赤色に熟しますが、アマレロブルボンは黄色に熟します。

 

 

 

まるでチョコレートのような風味と濃厚なコクや果実感が感じられる甘味が特徴の品種です。

 

 

 

ブレスパックで鮮度を保つ

 

コーヒーの鮮度を保つ「ブレスパック」という袋に入った状態で届きます。

 

 

 

焙煎後のコーヒー豆はガスが出ますが、豆の鮮度を保ったまま、ガスだけ外に逃がしてくれる便利な構造の袋です。

 

表面的にはただのクラフト紙のように思えますが、細かな気遣いが行き届いています。

 

 

 

ダンボールに入った状態でも、ほのかにコーヒー豆のイイ香りが漂うので、受け取った段階から幸せ。( *´艸`)

 

 

 

3度のピッキングを通過した厳選豆

 

コーヒー豆の美味しさを確実にする作業行程で絶対に欠かせないのがハンドピック。

 

欠点のある豆を1つ1つ丁寧に取り除いて、状態のイイ豆だけを厳選していく作業のことです。

 

やすらぎのコーヒー豆は、@生豆の状態、A焙煎後、B袋詰め前 の3回行われているということで、まさに選び抜かれた豆たちなのです。

 

 

 

ほどよい甘みと酸味が特徴のコーヒー

 

さっそく淹れてみましょう。

 

 

私のオススメは、豆20gをナイスカットミルで中挽き(3程度)し、

 

 

 

茶漉しで軽く細かい粉をふるい落として…

 

 

 

ハンドドリップ!

 

 

 

「そういえば!コーヒーはフルーツだった!!」

 

ということを思い出させてくれる一杯に出会えます。(≧▽≦)

 

 

↓アマゾンでのお取扱い

 

 

焙煎したての豆なので、冷凍保存しておけば、ドリップするたびに豆がふっくらと膨らむ鮮度を保つことができます。

 

メッセージカードを付ける場合は、「1−Clickで今すぐ買う」のボタンではなく、「カートに入れる」のボタンから進んでください。

 

 

コスパがイイから毎日のコーヒーや、ちょっとした贈り物にもオススメです。(*´▽`*)

 

 

 

おわり♪