「プチ電車シリーズ」ダイソー100円おもちゃから学んだことまとめ

以前の記事

 

の続きです。

 

意外な進展があったので第二弾となりました。笑

 

 

子供のおもちゃは壊れた方がいい

 

 

日本のおもちゃは壊れないように研究されて作られています。

 

耐久性バッチリです。

 

投げても踏んでも引きずっても壊れません。

 

 

今回100円おもちゃに学んだのは、

 

おもちゃの耐久性の違いがもたらす子供への影響

 

です。

 

 

 

プラレールはすごい。ホント壊れない。

 

プラレールは2歳から遊んでいます。

 

車体はネジで固定されているので投げてもバラバラになったり、電池が飛び出してしまうなんてことはあり得ません。

 

 

車体の連結部分もかなり強度があって、子供が車両を引っ張って力ずくで連結を解除しても壊れません。

 

 

 

しかし、100円のプチ電車シリーズはというと、

 

ほとんど何をしても壊れます。

 

 

マジでバラバラになります。笑

 

 

投げるとボディ、シャーシ、電池という具合に、瞬時に分解されます。

 

 

ネジで止められていないからです。

 

 

 

連結部分をプラレールの勢いで子供が引っ張ったら、バキッと割れました。

 

 

 

二度と連結することはできません。

 

 

 

子供は落ち込みました。

 

 

 

子供にとって新しいおもちゃが一番楽しいおもちゃなので、プチ電車がまさに最高のおもちゃでしたが、遊べなくなってしまったのです。

 

 

ところが…!

 

 

嬉しいことが起きました!

 

 

 

 

それ以来、おもちゃを投げたり、雑に片づけることはピタリと止んだのです。

 

 

子供は大事な物を壊して学んだ。

 

大事なおもちゃを自分のミスで壊したことで、モーレツに反省したのです。

 

 

しかも最初に壊したのは

 

ドクターイエロー。( ̄▽ ̄)チーン

 

(なかなか売ってないレアなやつ)

 

 

100円のオモチャですから、代わりに買ってこようと思えば近所のダイソーに行けばすぐに解決することですが、数日間そっとしておきました。

 

 

子供は壊れたプチ電車をどうにか治そうと必死です。

 

 

反省から開きなったところで再び一緒にダイソーに行き、新しい電車を買ってきました。

 

選んだのは、なぜか0系…。シブいのがお好き?

 

 

するとどうでしょう。

 

 

あれほど乱雑だった3歳の子供が、繊細なタッチでおもちゃに触れるではありませんか。(゚д゚)!

 

 

まさか100円のおもちゃにこれだけ子供が好影響を受けるとは…。

 

 

まさか100円のおもちゃを一番大事に扱ってもらえるとは。(;・∀・)

 

 

 

日本のおもちゃはケガしない

 

日本のおもちゃはバリが出ていないからケガしません。

 

海外製の安いおもちゃは

 

 

バリがすごい

 

 

フツーに痛いです。笑

 

 

夫がヤスリでバリをとってくれることもありますが、私は今では

 

 

バリの〜♪ ままでぇ〜♪…。

 

 

と思っています。

 

 

大好きなおもちゃだって、

 

 

注意して遊ばなければケガするよ

 

 

ということを学んでほしいからです。

 

 

こどもはケガした数だけ学びます。

 

大ケガをさせるわけにはいきませんが、日々の小さなケガや痛みから多くを学んでいるのです。

 

人の痛みがわかる大人になってほしい…。

 

 

100円おもちゃから学んだことまとめ

 

 

・おもちゃは壊れていい

 

 

・壊れると繊細に扱うようになる

 

 

・壊れるから投げなくなる

 

 

・人間には環境に適応する力がある。 

 

 

・3歳過ぎたら壊れるおもちゃでもいい。

 

 

・おもちゃは親が治せるくらいシンプルでいい。

 

(治せれば子供は親を見直す。)

 

 

ってな感じです。(`・ω・´)ゞ

 

高いおもちゃ安いおもちゃ

 

どちらも子供の成長にはかかせないのですね。

 

 

おわり♪