「2カラーせんせい」と「ブギーボード」を徹底比較レビュー

カラーになった「せんせい」はイイぞぉ!(≧▽≦)

 

 

子供の頃、「お絵かきせんせい」で遊んだことがある世代でーす。( ̄▽ ̄)

 

1977年からあるので当然でーす。笑

 

…って、めっちゃロングセラー。(;゚Д゚)スゲー

 

信頼のタカラトミー製。

 

 

最新の「せんせい」は2色で描ける

 

こちらが二色でお絵かきできるようになった最新の「2カラーせんせい」。

 


 

色々な柄のものがありますが、ミニマリストらしく最もシンプルなデザインを選びました。

 

 

これなら大人がメモ代わりに使っても、デザインから発するノイズは少なめです。笑

 

 

 

クリスマスに弟サンタからプレゼントしてもらいました。笑

 

 

「今年はさすがにバレるんじゃないか??」っていう不安から、サングラスとヒゲ多めで対策しています。笑(≧▽≦)

 

全然バレませんでした。笑

 

 

私が子供のころ、「せんせい」のペンは黒一色でしたが、黒と赤のお絵かきペンが付いています。

 

 

しかも昔と比べて、繊細でくっきりとした線が書けるではありませんか!(*‘∀‘)スゲー

 

 

かつてのグズグズッとした線の感じは、かなり改善されています。

 

試しに子供が大好きな「エグゼイド」的なものを描いてみるとこんな感じに。笑

 

 

髪の毛を赤で描くことができるから、子供も大絶賛!?

 

と思ったら、「ママ、これチョットダケ、エグゼイドじゃーないヨ!」(少し違うという意味)とダメ出ししています。( ̄▽ ̄)

 

キビシめかよ。

 

 

丸、三角、四角のスタンプも付いているので、丸のスタンプを使えば、子供でも上手にアンパンマンが描けます。

 

 

子供はこのカラー先生がかなりお気に入りの様子。

 

紙とペンで書いていたときよりも、ゲーム感覚が大きいようで、とても楽しそうです。(^_^)

 

 

紙に描いていたときは、紙をはみ出してテーブルや机にまで壮大な絵?を描いていたので助かっています。笑

 

 

 

「せんせい」は1歳半から対象年齢

 

メーカーのトミーによると、対象年齢は1歳半〜。

 

というかペンが持てれば遊べます。

 

 

紙に描いていたときは、「ママ描いて!」と、なぜかこのように言われることがよくありました。

 

3歳くらいまでは、何を書いていいのかよくわからないため、このような現象が起こりがちですが、「せんせい」のスタンプを使って、「ただ押すだけ」や「グルグル何かの模様を作る」というレベルのことから始められるので、ひたすら遊び続けます。笑

 

 

すぐに消すことができるから、消すのも楽しい様子。

 

 

私の力作も、完成した瞬間に「ねぇ、消していい?」と目をキラキラさせて聞いてきます…。(゜.゜)イイノ?

 

描くのも消すのも楽しいから、子供はエンドレスループで楽しいのでしょう。笑

 

 

相当楽しいらしい…。笑 (*‘∀‘)ヨカッタ

 

ペンやスタンプはマグネットでしっかり止まるので、取っ手を持って縦にしても落ちません。

 

 

 

「ブギーボード」は軽くてミニマム

 

 

 

「2カラーせんせい」と「ブギーボード」を並べてみるとこんな感じ。

 

 

「せんせい」デカッ (;゚Д゚)

 

 

まぁ、スタンプとか付いてるし、しょうがないか。笑

 

 

ブギーボードはiPadと同じようなサイズ感ですが、全然軽いです。

 

本体はほぼスクリーンという感じ。

 

文具メーカー大手のキングジム製です。

 


 

 

「2カラーせんせい」のスクリーンの上に「ブギーボード」を乗せて、サイズを比べてみるとこんな感じ。

 

 

スクリーンの大きさ自体は、ほとんど変わらない感じですね。

 

 

ペンはこんな感じ。

 

 

 

ブギーボードは上にペンを収納できます。

 

 

画面を消すときは、真ん中のボタン一発で消えます。

 

 

もちろん画面を消さずにロックすることもできますよ。

 

 

このツマミをスライドすれば、画面をロックしたまま追記できます。

 

 

裏面はこんな感じ。

 

 

カバーをパカッと開けて電池を交換します。

 

そうです。ブギーボードには電池が必要なんです。( ̄▽ ̄)

 

 

単6型という実にビミョーなサイズの電池が…。

 

 

まぁ、買うと最初から電池は入ってて、約5万回使えるってことなんで、「次の電池交換いつ?」って感じですけどね。笑

 

 

 

「ブギーボード」って書き味とかどうなのよ?

 

とても書き味がなめらかで、抜群の使用感です。

 

 

パパを描いたと主張しています。笑

 

 

アンパンマンの方が上手に描けるようですが…。

 

 

 

筆圧を調節して3段階に線の太さを調節できたり。

 

 

ペンがなくても爪で書けちゃったり。笑

 

 

ストラップを付ければ首掛けできたりします。

 

 

「2カラーせんせい」と「ブギーボード」を比較してみると

 

「2カラーせんせい」は、

 

・電池が不要。

 

・2色で描ける。

 

・ブギーボードには劣るが、かつてより線がキレイに描ける。

 

・スタンプが付いてる。

 

・スクリーンが白。

 

・ちょっと全体のサイズがデカい。

 

・本体のデザインやキャラクターを色々選べる。

 

・消すときはレバーをスライドする必要がある。

 

・爪では描けない。笑

 

・「ひらがなシート」などオプション品が充実している。

 

という感じ。

 

 

 

「ブギーボード」は、

 

・電池が必要。(単6型2本)

 

・1色しか描けない。

 

・キレイに細かい線も描ける。

 

・スクリーンが黒。

 

・サイズがコンパクト。

 

・本体のデザインはシンプルで色は選べる。

 

・消すときはボタンで一発。

 

・消さないロック機能がついている。

 

・爪でも描ける。笑

 

という感じです。

 

 

どちらも画面を保存する機能はありません。

 

 

まとめ

 

どちらもスクリーンは十分に大きくて、子供のお絵かきに最高です。(*´▽`*)

 

 

私はブギーボードを子供が使わないときは、デスクでメモとして実際に使っています。

 

 

 

子供が使わなくなったときや、仕事でも使いたいときには、やはりブギーボードの方がシンプルでいいですね。

 

さすがに職場に「せんせい」を持って行くわけにはいきませんから。(≧▽≦)

 

 

単純に、両方買って良かったです。笑

 

 

おわり♪