赤ちゃんの沐浴はキッチンのシンクで「リッチェルベビーバス」

二人目もやっぱりコレが使いやすかった

 

第二子を出産しました。(*´▽`*)

 

自宅キッチンのシンクで沐浴させています。

 

 

なんとも気持ちよさそうな顔をしますね。笑

 

極楽ごくらく〜。(*´Д`)

 

お風呂よりもキッチンの方が高さがあって作業しやすく、このベビーバスを使えば簡単です。

 

 

ベビーバスを使う明確な理由…。

 

実はもう1つあります。

 

さて…、なぜでしょう?

 

 

(答えは一番最後)

 

 

 

リッチェルベビーバスをレビュー

 

 

やっぱり二人目もこれを買い直しました。笑

 

ミニマリストなので長男のとき使ったベビーバスはすでに手放し、改めて購入。( *´艸`)アホ

 

 

まぁ、それだけコレがイイっていうことがわかりますよね?笑

 

 

箱には新生児〜3か月まで使えることが書いてあります。

 

 

 

中身はこんな感じにコンパクト。

 

 

空気を吹き込んでふくらませるタイプのベビーバスです。

 

吹き込み口は4か所。

 

 

指でつまんで吹き込むタイプで、逆流防止弁的なものは付いていないので、吹き込んだらすぐにフタをしないと若干空気が抜けてしまいます。

 

まぁ、多少の空気抜けを考慮しても十分にフカフカなので、デメリットというほどではないと思います。

 

これをそのままキッチンのシンクに置いて、お湯を入れていきます。

 

 

その間にバスタオルやガーゼを用意して…。

 

 

いざ、入浴。

 

 

お湯に浸けたガーゼをお腹にかけてあげると、赤ちゃんは冷えずに落ち着きます。

 

この表情。笑

 

 

このベビーバスのイイところは、お尻のところがひっかかるように突起があって便利。

 

 

なかなかこのひと工夫のあるベビーバスは少ないです。

 

ズリ落ちずに安心して沐浴することができます。

 

 

アラウベビーでARAU

 

 

赤ちゃんを洗える泡で出てくるボディソープ「アラウベビー」で洗っています。

 

 

全身やさしい泡で洗ってあげればスッキリ。

 

すぐに拭きあげて終了〜。

 

 

 

お風呂で沐浴しない理由

 

お風呂の湯船ではなく、専用のベビーバスを使ってキッチンで沐浴する理由…。

 

 

 

それは…。

 

 

 

 

赤ちゃんはお湯に浸かって気持ちよくなると、ウン〇をしてしまうことがあるからです。笑

 

これ冗談抜きでキツイです。

 

お風呂にお湯を貯めて一緒に入っているときにされたら…。

 

しかも、赤ちゃんは癖になってしまうので、毎回とかフツーにあり得ます。(;・∀・)

 

 

好きなタイミングにキッチンで手軽に沐浴できるように、ベビーバスが便利というわけです。

 

 

おわり♪