フード(ヌードル)カッターは子供が自分で切れるコレがオススメ

フード(ヌードル)カッターは子供が自分で切れるコレがオススメ

コンビ ヌードルカッター & スプーン

 

 

離乳食を終えて、大人とほぼ同じ食事をするようになると、フードカッターは欠かせませんね。(≧▽≦)

 

特に外出先などで、お子様セットなどのキッズ専用プレートがない場合や、パスタやうどんなどを刻んで食べさせるときの必需品。

 

今回は、数ある中から、選び抜いたオススメのフードカッターを紹介します。

 

 

自分で切れるから食べてくれる

 

フードカッターには、ハサミ型のタイプと、トングのような形をしたタイプがあります。

 

長男のときは、ハサミ型のフードカッターを使っていたのですが、どうしても自分でカットしたがったり、食べてくれないこともありました。(;´Д`)

 

ハサミ型はまだ小さい子供には扱いずらい…。

 

 

しかし、このコンビの「ヌードルカッター & スプーン」にしてからは、「自分でカットできる」という自主性からか、放っておいても自分でカットして食べてくれるようになりました。

 

 

 

第二子が生まれてから、長男になかなか手をかけることができないので、ちょうどいいです。笑

 

 

自分でヌードルカッターを手に持ち、カットしていきます。

 

 

 

 

文具のハサミのように上手く持てなくても、掴んで直感的にチョキチョキすることができます。

 

 

シンプルな構造なので、洗うのも簡単でとても清潔。

 

(ハサミは分解できないタイプが多い)

 

 

外出先でも便利なスプーン付きです。

 

 

できるだけ親と同じものを食べることができればラクなので、普段から持ち歩いています。

 

2〜3歳になると、変なところで「自分でやらなきゃ気が済まない」という意識が強くなるので、なんでも勝手にやらせるのがイイですね。(*´▽`*)

 

 

 

おわり♪