突然チャイルドシートが必要になってもコレがあれば安心(世界最小)

mifold (マイフォールド) 世界最小・軽量チャイルドシート

 

 

 

レンタカーやタクシー、子供の同級生の送迎など、突然チャイルドシートが必要になるケースってありますよね。( ̄▽ ̄)

 

車の修理とか車検の時も、その都度チャイルドシートを積み替えるのって、かなり手間です。汗

 

 

シートにガッツリ固定されているし、しばらく付け替えをやっていないと、取り付け方を忘れてしまっていたり…。

 

付け替えの時に車を傷つけてしまったり。( ;∀;)

 

 

普通のチャイルドシートは大きくて場所をとるので、5人乗りの車でも後席に2個取り付けたら、5人は乗れません。( ゚Д゚)

 

 

そこで、世界最小・軽量な「mifold (マイフォールド)」の出番です。

 

 

 

 

 

このチャイルドシートの何がスゴイのかと言うと、

 

 

@ コンパクトで軽いから持ち歩ける

 

mifold

 

 

これからのチャイルドシートは持ち歩く時代?

 

まさか考えもしませんでした。笑

 

こんなにコンパクトなチャイルドシートがあるなんて…。

 

 

 

A 安全基準をちゃんと満たしている

 

「UN(ECE) R44/04」という欧州安全基準を満たしているので、安心です。

 

この基準は、日本で販売されているチャイルドシートのほとんどが満たしている安全基準。

 

(新生児などは、横向きに寝かせることを義務化した新基準「ECE R129」が適用になります)

 

 

このマイフォールドでは、体重15kg以上36kg以下の子供を対象に設計されています。

 

体重には個人差がありますが、平均体重で言うと、「3歳から11歳くらい」の子供まで使える感じですね。(^_^)

 

チャイルドシートの装着が義務化されているのは「6歳未満」ですが、実際には10歳くらいまで通常のシートベルトは大きすぎる設計になっていて、首に引っかかってしまいます。

 

通常のチャイルドシートやジュニアシートは、大き過ぎるシートベルトに合わせるため、座面を上げて調整する仕組みを採用しているのに対し、

 

mifold

 

 

このマイフォールドは、シートベルトを子供に合わせる仕組みになっています。

 

mifold

 

 

「余分な座面」が必要ないので、コンパクトで軽量にできるわけですね。(≧▽≦)

 

mifold

 

 

ちゃんと3点式で肩部分にもフィットするから安全。

 

mifold

 

mifold

 

 

いくら座面を上げても、脇の下にベルトを通してしまうと、本来の性能を発揮できなくなってしまいますからね。

 

 

 

B 「後席3人掛け」が可能

 

mifold

 

マイフォールドを使えば、後席で本来の「3人掛け」ができます。

 

ムダに7人乗りや8人乗りの車を用意する必要がありません。

 

 

 

 

旅先や突然の送迎にも対応できる

 

旅行先でレンタカーを使う場合や、タクシーで移動するときも、マイフォールドを携帯していれば安全に移動できます。

 

急に子供の同級生を乗せることになった場合などにも対応できるため安心。(;・∀・)ホッ

 

持ってて良かったと感じる瞬間ですね。笑

 

mifold

 

 

普段使いはもちろんですが、急に必要になった場合こそ、ありがたみを実感できます。

 

 

 

「3歳になったらマイフォールド」ですね。(*´▽`*)

 

 

 

おわり♪