赤ちゃん用の袴(はかま)ロンパースで100日祝い&お食い初め

赤ちゃん用の袴(はかま)ロンパースで100日祝い&お食い初め

袴(はかま)姿で百日祝い&お食い初め

 

先日、次男が生後100日を迎えたので、袴(はかま)を着せてお祝いしました。

 

 

 

本物の着物だと大変なので、ロンパースになっている簡易的な袴です。

 

 

ズボンタイプで裾がボタンで留められるので、オムツ替えの時も簡単。

 

 

 

なかなか着心地がイイ様子で、終始ゴキゲンでした。(*´▽`*)

 

 

 

次男は身長が60センチくらいですが、この袴ロンパースは60〜90センチまでサイズが選べて、ネイビーとブラックの2色があります。(次男が着ているのはネイビー60センチ)

 

 

 

女の子用が可愛すぎる…

 

 

 

 

バンボに座らせて撮影したり…

 

 

 

お顔がパンパンマン…。笑

 

寝かせて撮った方がいいかもしれませんね。(;・∀・)

 

 

撮影についての記事は「カメラのカテゴリー」を参考にしてください。

 

 

 

お食い初めって何?

 

お食い初めとは、

 

一生食べ物に困らずに生活できますように」という願いを込めて、生後100日頃に行う日本の伝統的なお祝い事の一つです。

 

 

一汁三菜をベースとした「祝い膳(いわいぜん)」を用意して行います。

 

 

 

お魚は、お祝い事によく用いられる鯛(たい)を用意するのが一般的なようです。「めでたい」ってことで…。

 

地域によっても少し違いがあるようなので、親や祖父母に聞いてみるのがいいかもしれません。

 

まぁ、赤ちゃんなので実際に食べることはできないので、食べるマネをするだけ。笑

 

 

 

紙に鯛(たい)の絵を描いてお祝いするだけでも楽しいかもしれません。(*´▽`*)

 

ウチは長男のときに気合いが入りすぎて、バッチリ本物の鯛でやってしまったので、差をつけるわけにもいかず…。

 

一応ホンモノの鯛で。

 

 

角上魚類というチェーンの魚屋さんで、焼きと飾りつけまでお願いしました。

 

鯛は一番小さいやつを注文したので350円くらい。

 

「焼き」と「飾りつけ」が350円くらい。

 

なかなかのコスパですね。( ゚Д゚)

 

時間は1時間くらいかかります。

 

 

近所に角上魚類のお店があれば、お魚だけでなく新鮮なお肉もたくさん取り扱っているので、バーベキューの時など最高です。

 

「いつもの近所のスーパー」や近所の魚屋さんでも、やってくれる場合はあるので、ダメもとで言ってみる価値はあります。

 

 

本人は鯛(たい)が何だかもわかっていないので、最低限のそれっぽい物で十分過ぎると思います。笑

 

 

 

キミはやっぱりミルクが好きなんだな〜。(*´▽`*)

 

 

一生懸命飲む姿に癒されます。( *´艸`)

 

 

 

寝るなーっ!!(; ・`д・´)

 

なぜいつもこのアホ男子は、あと少しのところで寝てしまうのか…

 

 

 

おわり♪