最強の加湿器はコレだ!〜もう乾燥したくない〜

最強の加湿器はコレだ!〜もう乾燥したくない〜

圧倒的な加湿力で選ぶなら「ナカトミ 業務用スチーム式加湿器 SFH-12」

 

 

 

昨年購入し、我が家で大活躍中のスチームファン加湿器です。

 

なぜコチラを使うことになったのかを説明します。

 

 

加湿器は色々あるけれど…

 

乾燥が気になる季節になってきましたね。

 

子供が生まれてからというもの、空気清浄機や加湿器を色々と買い替えてきました。(;・∀・)

 

長男が生まれたときには、夫が気合入りすぎて5〜6万もする加湿機能付き空気清浄機を買ってきたり…。

 

加湿器は気化式から超音波式ハイブリッド式にいたるまで、あらゆる加湿器を買いましたが、どれも納得のモノはありませんでした。

 

特に「ニオイ」が気になります。

 

子供が小さいから火傷(やけど)してはいけまいと、スチーム式を避けてきたせいです。( ̄▽ ̄)

 

スチーム式以外はすべて臭かった

 

 。。。_| ̄|○ ガクッ

 

説明書にはクエン酸の洗浄剤でキレイになると書かれているのに、何度つけ置きしてもキレイにならず、臭いままでした。

 

結局、専用のフィルターをシーズンごとに新しく買ったりして、ハイコストだったのです。

 

 

 

加湿器はやっぱりスチーム式。

 

photoAC

 

結論から言ってしまえば…

 

各メーカーから様々な加湿方式の加湿器が販売されていますが、結局のところ、スチーム式を超える加湿器はないです。

 

スチーム式は加熱するので、他のモノに比べると確かに電気代は高いのですが、メンテナンスも楽だし、構造がシンプルで衛生的。

 

なにより絶対的な加湿力に満足できます。

 

色々買い替えた経験を踏まえて、それぞれのメリット・デメリットを見つつ、「失敗するくらいなら最初からスチーム式買っときゃよかったと思った話」をしたいと思います。笑

 

 

加湿方式ごとの特徴とメリットデメリット

 

illustAC

 

気化式とは

 

フィルターに水分を含ませて、ファンで飛ばす方式です。

 

メリット

 

・電気代が安い(加熱せずファンを回すだけだから)

 

・蒸気口が熱くない(加熱しないから)

 

・加湿効率が高い(効率が良ければ部屋が潤うというものではない)

 

デメリット

 

・気化して飛ばしてナンボなので意外とファンがうるさい(静かさを売りにしている機種があるが、そうでもない)

 

・しだいにフィルターが臭くなる(加熱しないから)

 

・衛生的でない(加熱しないから)

 

・排気が冷たくて室温が下がる

 

・室温を上げないと湿度が50%以上になりにくい

 

・加湿に時間がかかる(1〜2時間)

 

・本体が大きい(大きなフィルターで気化させる必要があるから)

 

 

まとめ

 

加湿効率は (加湿量÷消費電量)なので、当然気化式が効率が良い加湿方式ということになります。

 

しかし、あくまで効率の話であって、部屋が実際に加湿されているかどうかではありません。(勘違いしやすい)

 

加湿器は、部屋の大きさに合った「加湿量」で選ぶべきです。

 

 

私の個人的な感想

 

気化式は「デカい、臭い、うるさい、でも安い。」

 

 

超音波式とは

 

水を超音波で細かく粉砕して飛ばす方式です。フワ〜っと。

 

illustAC

 

メリット

 

・見た目がオシャレ(フワ〜っと出てる感)

 

・アロマ加湿器として使いやすい

 

・小型化できる(オシャレなデザインが可能)

 

・噴出口が熱くならない

 

 

デメリット

 

・雑菌があればそのまま飛ばしてしまう

 

・飛距離が短い(水を細かくしているが空気より重いので下に落ちる)

 

・加湿力が劣る

 

 

まとめ

 

超音波式はデザイン重視の機種がほとんどで、はっきり言って加湿力は期待できません。

 

 

私の個人的な感想

 

超音波式は、「カッコイイ、雰囲気出てる、でも加湿器とは言えない。」

 

超音波式で唯一、購入を考えた商品もあります。笑

 

こちらの「CADO超音波式加湿器」です。

 


 

超絶かっこいいんです。(≧▽≦)

 

実際にお店でも見ましたが、高い位置からミストが出ているので、超音波式の中では最強であることには間違いないと思います。

 

ただ、水漏れする確率があるみたいで…。

 

もちろん「当たり」を引けばイイだけの話ですけど。笑

 

どうしても見た目を一番にこだわって、なおかつ超音波式でありながらもそれなりの加湿力を求める人向けです。

 

 

 

スチーム式とは

 

加熱して蒸気を飛ばす方式です。

 

メリット

 

・室温が下がらない

 

・加湿に時間がかからない

 

・小型でも加湿量が大きい

 

・衛生的(加熱処理するから)

 

・信頼度が高い(加湿器としての経歴が長い)

 

 

デメリット

 

・蒸気の吹き出し口が熱い機種がある

 

・電気代が高め(加熱するから)

 

・かっこいいデザインが少ない

 

 

まとめ

 

スチーム式で気になるのは、やはり電気代が他の方式に比べると高いことです。

 

しかし、絶対的な加湿力と衛生管理で選ぶならスチーム式。

 

 

私の個人的な感想

 

スチーム式は、「電気代高い、本物の加湿力、手入れが楽、長く使えて実際安い?」

 

 

ハイブリッド式というモノも色々と販売されていますが、それぞれのイイとこどりが出来ているかどうかはビミョーです。笑

 

パワーが備わっているモノはダイソンくらいでしょうか。(ちょっと値は張りますが)

 


 

 

 

最強の加湿力で選ぶなら「ナカトミ 業務用スチーム式加湿器 SFH-12」

 

ウチはコレを使っています。

 

業務用です。(≧▽≦)

 

 

 

デザインは…、まぁそれなりデス。

 

ミニマムと言えば、かなりムダの無い作りです。笑

 

 

私が満足しているのは、何より

 

 絶対的な加湿力。

 

 

我が家は吹き抜け構造ですが、家中しっかり潤います。

 

しかも手入れが楽で衛生的なのに、噴出口が熱くない機種なんです!

 

だから小さい子供が噴出口に触っても火傷しない (*´▽`*) 安心

 

 

フタを外すと、どデカいタンクと噴出口が。

 

 

 

タンクはなんと1本あたり4,6L(リットル)です。スゲー( ゚Д゚)

 

 

タンクを外すと、クリーンフィルターがあります。

 

 

これがあることで、さらにクリーンな蒸気を排出します。

 

噴出口もまるまる外せて洗えます。

 

 

 

クリーンフィルターとエアーフィルターの交換用です。

 

交換する部品は、たったこれだけ。

 

こちらの吸気口にあるフィルターです。

 

1シーズン使用するとカルキが多少付きますが

 

クエン酸でつけ置きすれば

 

簡単にキレイになります。

 

音はもともと静かなのですが、「強」にすると若干気になることがあるので、防振パッドを敷けば解決。

 


 

 

加湿量は1200ml/h

 

4段階の湿度設定機能

 

自動停止・自動復帰機能

 

和室22畳 洋室33畳

 

給水お知らせ機能 など

 

まさにコスパ最強の加湿器です。

 

 


 

 

 

猫(ねこ)の静電気対策にも最適な加湿器

 

広い空間でも確実に潤う業務用加湿器なので、ペットとの静電気に悩まされている方にもオススメです。

 

 

この加湿器はこんな人にオススメ

 

・絶対に乾燥したくない

 

・衛生的な加湿器が欲しい

 

・メンテナンスが楽な加湿器が欲しい

 

・子供やペットを乾燥から守りたい

 

・広い部屋を1台で潤したい

 

・すぐに水切れしない容量が欲しい

 

・噴出口で火傷(やけど)しないスチーム式が欲しい

 

 

店頭販売しているお店は少ない

 

なんせ「業務用」ですから店頭で見ることはないです。笑

 

ぜひ試してもらいたいのは、この加湿器のスペックと、大手電気屋さんで販売している加湿器を比べてみてください。

 

圧倒的な加湿力に納得できます。

 

 

結論

 

エコな加湿器は気休めです。

 

デメリットがない加湿器はありません。

 

何に重点を置くかです。

 

加湿器としての役割を重視するならスチーム式ですね。

 

機械で加湿しようと考えれば、どの方式を使ってもお金はかかるのです。

 

私のように、安物買いの銭失いにならないように、初めからスチーム式を選ぶのがオススメです。笑

 

今年の冬から、乾燥とはおさらばしましょう。

 

 

 

おわり♪