耳栓で集中力アップ!会話やアラームは聞こえる便利な耳栓レビュー

耳栓で集中力アップ!会話やアラームは聞こえる便利な耳栓レビュー

耳栓はフツーに会話できてアラームも聞こえる

 

 

 

集中力を高めて仕事したり、作業できたらイイなと思って約5年前から耳栓を常用しています。

 

それまではイヤホンやヘッドホンで大音量の音楽を聴いて、周囲の音を遮音することもありましたが、

 

玄関のチャイムに気付かない

 

子供の声が聞こえない

 

など不安になるし、やっぱりうるさいと集中できないのでやめました。( ̄▽ ̄)

 

 

耳栓を使うと、一瞬にして「集中モード」に入れるので、ずっとつけていなくても最初の「集中導入剤」的な効果として使用することもできます。

 

 

 

耳栓って…、全然聞こえるし。笑

 

illustAC

 

初めは、

 

「耳栓なんかしたら周りの音が聞こえなくなって不安になりそう」

 

と思っていましたが、そもそも耳栓の遮音効果はそこまで高くありませんでした。笑

 

隣にいる人とフツーに会話できます。

 

チャイムや着信音も全然聞こえます。

 

 

シャットアウトするのは、それ以外の「聞こえなくてもいい音」です。

 

距離でいうと、3メートル以上離れた場所の会話とか、見ていないテレビの音とか騒音とか。

 

例えば空調の「コーッ」っていう音とか、「シャーッ」っていう音とか、近所で工事している音や外の道路を走る車の音とか。

 

 

つまり、日常生活に支障はない程度の遮音性ってことです。

 

 

耳栓の性能を見ても、「32db」や「25db」あたり。

 

完全に無音にすることは不可能です。笑

 

地下の防音ルームに一人でこもらない限り無音を作る方法は無いとも言えます。

 

 

部屋にこもると結局、「何が起こっているかわからない不安」が逆にストレスになったりして…。

 

たとえ防音ルームで耳栓をしても、「骨伝導」というものが存在するとおり、近くの音はほとんど消せません。

 

たとえ全部消せたとしたら、無音に近いときに聞こえる耳鳴りみたいな「キーーーーンッ」という意味不明な音が脳裏にひたすら聞こえずつけて、逆に不快になったりします。(;´Д`)イヤー

 

 

 

私がパソコンに向かっているときに、夫がリビングでテレビを見ていても、

 

「なんとなくテレビがついている気がする」

 

程度の音はしますが、騒音としてストレスを感じることはありません。

 

話かけられれば音量は小さめですが、クリアに聞こえます。

 

 

つまり、耳栓を使うと

 

・本当に必要な音だけクリアに聞こえる

 

・最初の短時間だけでも集中力を高めるのに効果的

 

ということです!

 

 

 

耳栓のタイプと使い道いろいろレビュー

 

耳栓にはいろいろなタイプがあるので、使用シーンに合わせて使いやすい物を紹介します。

 

コスパに優れる「ポリウレタンタイプ」

 

 

ポリウレタンタイプのメリット

・安い

 

・使い捨てにできるから衛生的

 

・遮音性に優れる

 

・長時間装着しても耳が痛くならない

 

・どこにでも売っていて手に入りやすい

 

ポリウレタンタイプのデメリット

・装着のときに少しコツが必要

 

・繰り返し使うとヘタる

 

 

細長く耳の穴の形につぶしてから耳に入れ、耳の中で徐々に膨らんでフィットするのを待つと上手に遮音されます。

 

 

この「ひと手間」が必要なので、装着したり外したりを繰り返す場合は面倒ですが、

 

このトラスコ製は形状を作りやすいので、フィットさせやすいです。

 

少々お高めな有名メーカーの耳栓でも、耳に差し込む前にふくらんでカタチが戻ってしまうモノもあるので、高ければイイというわけではありません。

 

 

 

紛失しない「ひも(コード)つきポリウレタンタイプ」

 

 

ベーシックなポリウレタンタイプにひもが付いた耳栓です。

 

 

ひも(コード)付きポリウレタンタイプのメリット

・ひも(コード)付きだから無くさない

 

・安い

 

・遮音性が高い

 

・長時間使用しても耳が痛くならない

 

ひも付きポリウレタンタイプのデメリット

・ひも(コード)が首回りで引っかかることがある

 

・ひも(コード)が体や服に触れると「ガサガサ」と耳元で音がする。

 

 

耳栓つけてるのに、耳栓から音がします。笑 (;・∀・)

 

 

それが気になってしまう人はコードがない方がいいですね。

 

私は仕事や勉強の時は「コード無し」を使用して、睡眠のときは「コード付き」を使用しています。

 

寝ているときに、コードが付いてないと、寝ながら外れてしまったときに、後で探すのが大変だからです。

 

 

脱着にも便利な「フランジタイプ耳栓」

 

 

 

フランジタイプ耳栓のメリット

・脱着に便利

 

・洗って何度も使用可能なものが多い

 

芯の部分を持って耳に押し込むだけでイイので、ポリウレタンタイプのように「つぶして形をつくる」というテマが省けます。

 

装着するとこんな感じ

 

 

 

フランジタイプ耳栓のデメリット

・長時間使用すると耳が痛くなることがある

 

・芯があるので就寝するときは使わない方がいい

 

モノによっては耳穴のカタチに合わず、時間が経つと耳が痛くなる場合があります。

 

かなり相性に左右される部分があるんです。

 

ひも(コード)付きタイプもあるので、なくしたくない場合はオススメですね。

 

 

 

米軍も採用している高級で最強なタイプの耳栓

 

 

最後に紹介するのはこちら。

 

かなり特殊感でてますね。

 

これ使っている人はモノホンです。笑

 

かなり高価。

 

 

おすすめな使用シーンは、

 

・屋内型の設備で銃撃を交えた突入訓練を実施する場合

 

・閃光手榴弾を使用した制圧訓練を実施する場合

 

 

はい特殊〜。

 

なにこれ…。

 

もはやネタですね。笑

 

 

芯の部分にフタが付いていて、「フタを開けると会話が聞きやすくなる」というなんとも便利な構造になっています。

 

普段使いしちゃえばカッコイイですね。笑

 

勉強や仕事にも集中できます。

 

しかもこの耳栓、装着したまま電話に出れます。笑

 

必ず「バウアーだ!」と応答してください。笑

 

 

見た目はカッコイイし、耳栓をしているというより、Bluetoothのイヤホンでもしているのかな?という外見なので、「もろに耳栓をしている感」を出したくない人や、ちょっとした「優越感」に浸りたい方にもオススメです。

 

 

まとめ

 

耳栓は、必要な音だけクリアに聞こえてストレスフリー!

 

 

 

おまけ

 

さらに遮音性を高めたいときは、これらの耳栓をした上で、「イヤーマフ」(ヘッドホンみたいなやつ)を装着すると、めちゃ静かです。

 

↓こちらがアマゾンのベストセラー。

 

 

耳栓って奥が深いですね〜。笑

 

 

おわり♪