家中の電球をLEDにして交換の手間とリスクを最小限に

ダウンライトも電球型のLEDに交換

 

1年程前、自宅の電球を全てLEDに交換しました。

 

ウチはダウンライトが多いので60型のミニクリプトン電球を多用していましたが、意外と交換の頻度が多くて手間だったんです。

 

いままで使っていたフツーの電球

 

 

しかも交換の際に脚立に立つのって結構怖いですよね。

 

実は友人の夫に脚立から転落して救急車で搬送された人がいたので、LEDに変更することを決意しました。笑

 

 

 

LED電球はかなりコスパがいい

 

交換したLED電球

 

 

実際に1年前に全てこのLED電球に交換しました。

 

口金はE17のタイプ。

 

 

 

めっちゃ調べてコスパが最も良いLED電球を探したらコレに行き着いたんです。

 

見た目はこんな感じ。

 

交換前(普通の電球)

 

 

交換後(LED電球)

 

 

ウチのダウンライトの本体はパナソニック製ですが、問題なく付きます。

 

 

 

LED電球って、初期投資が高いイメージがありませんか?

 

私も最初はそうでした。

 

これがなかなかLED化に踏み切れない理由だと思います。

 

ウチは1年使ってみて、確かに全部を交換するときの費用はかかったのですが、電気代はかなり安くなったし、交換の手間や買い足す手間が省けたことはかなり大きいです。

 

クローゼットや洗面所とかは、電球1個ないだけで真っ暗ですし、近くのコンビニに売っているとはいえ、買いに行くのは手間です。

 

やっとの思いで交換したと思ったら、今度は別の場所が切れて…。

 

妊娠中は怖くて脚立に登れないし、もし落ちて打ちどころが悪くて身動きとれなくなったらと思うとゾッとします。

 

 

普通の電球だと消費電力は約60W(ワット)ですが、このLEDだと同等の光量(760ルーメン)でありながら、わずか7W(ワット)です。笑

 

つまり消費電力はわずか12%。

 

電気代が約9割引きって…、

 

LEDってスゴい。(;・∀・)

 

 

消し忘れて1日中点灯させていても、普通の電球より全然安い。笑

 

 

 

LEDにしない理由が値段だけだとしたら、変えない理由はない

 

もし、LEDに変更しない理由が「初期投資の値段が高いから」ということだけだとしたら、変えない方が高くつくと断言できます。

 

LEDはとても明るいですし、ひと昔前のように直線的な光はだいぶ緩和されて、白熱電球と見分けがつかないほど柔らかな光りになりました。
特にこの電球タイプのLEDは光が柔らかい。

 

 

私は間接照明にこだわっていますが、光のひろがり具合も満足です。

 

 

参考記事

 

 

 

 

虫が集まりにくい

 

これは私にとってかなり大きいメリットでした。笑

 

LEDの周波数は虫が感知しにくいため、集まってきにくいと言われています。

 

屋外の照明こそ交換が大変だし、防犯上もなるべく電気代を気にせず点灯させておきたいので真っ先にLEDにしました。

 

屋外は室内ほどやわらかい光でなくてもかまわないと思うので、比較的安価な電球を使用しています。

 

 

 

まとめ

 

電気代以外にも、自宅の照明をLEDに変えるメリットは実に大きかったです。

 

安物買いの銭失いになってしまわないように、メリットを十分に理解した上で初期投資を惜しまず踏み切りたいところですね。(*´▽`*)

 

 

 

おわり♪