ダンボールカッターいろいろ比較してみた

ダンボールカッターいろいろ比較してみた

 

子育て中のミニマリストなママです。

 

 

アマゾンや楽天などのネット通販が便利になり、買い物に出掛ける頻度を減らすことができるようになった反面、ダンボールをたくさん扱うようになりました。笑

 

 

そのため、ダンボールを開封する時に便利な「ダンボールカッター」を愛用しています。

 

 

 

 

とても使用頻度が高く、もはや必需品です。

 

 

 

フツーのカッターナイフでよくね?

 

 

 

と、以前は思っていたのですが、カッターナイフって意外と刃が鋭くて怖いし、子供が触ると危ないので、なるべく手の届かない場所に収納しておきたいワケです。

 

(;´・ω・)

 

 

我が家にはアホ男子が2匹いるので、ボールペン1本でも新しくしようものなら目をキラキラと輝かせて飛びつくレベルの危険度。

 

 

それに、カッターナイフはいちいち刃を出し入れしなければならないことと、切れ味が良過ぎて中身をキズつける恐れがあります。

 

そこで100円〜500円程度で買える専用品を使った方が便利であることに気付き、いろいろ買って実験しています。

 

 

 

 

ダイソー ダンボールカッター

 

 

 

 

まずはダイソーの100円カッターから。

 

 

刃は片刃です。

 

メリットは「とても安い」ことと、持ち手(柄)の部分がカーブしていて、「力が入れやすい」こと。

 

デメリットは「刃の消耗が激しい」ことと、「粘着成分に弱い」ことです。

 

 

 

 

かれこれ3年くらい使っていますが、刃の部分にガムテープの粘着成分が付着して汚くなっています。笑

 

片刃(片方の面にギザギザ)なので消耗が激しいわけですね。

 

ただ、100円なのでコスパはいいです。

 

ダンボールだけでなく、値札や荷造りヒモなども簡単にカットできます。

 

 

 

 

CANARY 開封のこシリーズ

 

 

 

ダンボールカッターといえば、「CANARY」(長谷川刃物)って感じですね。

 

 

色々な種類のカッターが販売されています。

 

 

 

ダンボールカッター 「ダンちゃん」

 

ダンちゃんシリーズはイエローとグリーンがあります。

 

 

 

同じステンレスの刃ですが、違いは刃の表面に黒色のフッ素コーティングがされているかどうか。

 

画像でわかる通り、シルバーの方はダイソーと同じく粘着成分が付着しやすい感じです。

 

 

刃渡りが長く、両刃(両方にギザギザがある)なので、梱包された段ボールを開封する作業はもちろんですが、段ボールや発泡スチロールなどを切って穴を開けたり加工する作業にも向いています。

 

 

余った段ボールで子供とお城やネコハウスを作っても楽しいですね。(*´艸`*)

 

 


 

 

 


 

 

ただ、開封作業の時は刃渡りが長いので、中身をキズつけないように注意する必要があります。

 

 

 

 

 

開封のこ 「カイちゃん」

 

 

同じくCANARYのダンボールカッターです。

 

先程の「ダンちゃん」と違うのは、刃渡りが極端に短いことです。

 

 

もはや「開封専用」って感じ。笑

 

 


 

 

 

シンプルに届いた荷物の開封や値札のカットなどに特化して使うならコレが安全です。

 

手をケガする危険性も減りますし、開封時に中身をキズつけてしまう心配も減ります。

 

 

ただ、残念ながらネコハウスを作るのには向いていないと思います。笑

 

(別に、作んねーよ)

 

 

 

 

 

デザインフィル ミドリカッター

 

 

 

 

いや〜、

 

ミニマリストが欲するデザインのカッターがありましたねー。笑

 

 

名前は「ミドリカッター」ですが、黒です。

 

ブラック。

 

 


 

 

 

円型の本体をクルッと回転させると、

 

 

 

 

超ミニマムなセラミックの刃が出てくるので、この状態で使います。

 

 

 

こちらもダンボールでネコハウスを作るときには適しませんが、開封にはとても便利です。

 

 

しかもストラップを付ける穴があったり、裏面がマグネットになっているので冷蔵庫などに張り付けておくことができます。

 

 

 

 

 

 

 

やっぱりミニマムなツールが便利だった

 

 

いろいろ買い替えて使ってみた結果、ダンボールカッターに関してもミニマムなツールが便利であることがわかりました。

 

 

頻度の高い作業ほど、ちゃんとプロ意識を持って専用ツールを使った方が失敗もミニマムでストレスフリーです。(´∀`*)

 

 

 

 

よい1日を♪

 

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

ダンボール専用ゴミ箱のススメ

 

重いソファーに「カグスベール」を貼ったら一人でスイスイ移動できるようになった

 

「今からこのグラスを割ります!」 ← 割れない