「わたしのウチにはなんにもない(ゆるりまい)」を呼んで思うこと

マンガでわかるミニマリスト

ゆるりまいさんが描く「捨ての世界」。

 

「捨て変態」が家族にどう理解を求めていくのか、どこまで捨てるのか。

 


 

 

この本を読んで思うこと

 

全4巻ありますが、本当に面白くて好きです。

 

止まらず一気に読んでしまいました。笑

 

ゆるりさんの夫や家族も、最初はゆるりさんの「捨て変態」具合にドン引きしていましたが、結局は「なんにもない生活」の快適さを知ることに。

 

大震災を経験してこそ「モノと向き合うことの大切さ」を知ったそうです。

 

実体験を赤裸々に、自らのことだからこそ描ける率直な捨て世界感に共感しました。

 

本を読むのが苦手な方でも、最後まで読みたくなる本です。

 

私の場合、1冊読み終える前に片づけたくてしょうがなくなりました。笑

 

 

 

 

 

 

 

おわり♪