「限りなくシンプルに、豊かに暮らす(枡野俊明)」を呼んで思うこと

今世界から注目される「禅」の世界とは

 

筆者のもとへ海外セレブから「禅の庭」デザインの依頼が次々と。

 

すべてを手に入れた彼らが行き着いた先は、「何もないことの心地よさ」だった。

 


 

この本を読んで思うこと

 

今や「禅(ZEN)」は世界に通じる言葉。

 

かつて世界中がアメリカの豊かな暮らしぶりに憧れていたが、今は日本のミニマムな暮らしに憧れている。

 

古き良き日本の暮らしぶりそのものがアートであり、美しい。

 

「間」を埋めないミニマムな暮らし。

 

今こそ「日本の出番」。

 

私たち日本人の一人ひとりに眠るミニマリズムを開花させ、その先にある「次なる次元」へ。

 

 

おわり♪