子供の集中力は年齢×5分

好きなこと以外は続かない

 

 

子供の集中力ってスゴく波がありますよね〜。

 

子供はすぐに集中力が切れてしまいます。

 

3歳の子供であれば

 

 

3(歳)×5(分)=15分

 

 

これしか集中力は持ちません。笑

 

 

片付けはなるべく短時間で終わるような工夫が必要です。

 

photoAC

 

具体的な方法は…

 

@ 収納方法を見直す

 

細かい収納から大雑把で簡単な収納に変更しましょう。

 

 

A おもちゃの量を減らす

 

とりあえず全部出して広げてしまうので、遊びきれる量を見極める。

 

使っていないおもちゃは目につかない場所に移動して反応を見る。

 

 

B 片付け方法を見直す

 

子供に合った楽しい片付け方法を見つける。

 

音楽を決めて、「音楽が流れたら片付け」 という習慣をつくるなど。

 

 

C 実際にどれくらい時間がかかるのか計ってみる。

 

実際に時間を計ってみると、「年齢×5分」以上の時間がかかっている場合があります。

 

難易度を少し下げてみましょう。

 

 

 

大人がやってみせるのが一番効果的

 

相手は子供です。

 

「片づけ」 の意味は通じません。

 

「元に戻す」 を教えましょう。

 

 

楽しくなければ子供はやらない

photoAC

 

片付けを習慣づけるには、まずは大人と楽しく片付けを続けることがコツです。

 

子供は2〜3週間もすると、いままでできていたことが急にできなくなることがあったり…。

 

根気強く、大人が一緒に楽しく片付けをする姿を見せることで、取り組みを再開してくれます。

 

 

やりかたを押しつけずに尊重してみる

 

最初は大人が決めた片付け方を子供はマネしてくれますが、だんだんと 「コレはここに置きたい!」 という意志を持ちます。

 

特にその方法が危険でなければ尊重してみましょう。

 

自分なりの片付け方が完成すれば、勝手に片づけるようになるので結果オーライです。

 

 

時には振り出しに戻る

 

子供は今まで普通にできていたことが突然できなくなったり、やめてしまうこともありますが、そんなときは焦らず振り出しからやってみましょう。

 

 

おわり♪