第〇イヤイヤ期はこうして乗り超える 〜承認欲求とアノ実験〜

イヤイヤ期はこうして乗り超える 〜承認欲求とアノ実験〜

イヤイヤ期を乗り超える方法

 

 

いったい何回あるのかイヤイヤ期。

 

もうウンザリな感じですが、気長にあの手この手を試してみましょう。笑

 

 

「そうだよね〜。眠いよね〜。」(怒)

 

最近我が家で頻発するワードです。

 

 

子供が通う保育園で「お昼寝」が終了したため、家に帰ってくるとソッコー寝ます。

 

illustAC

 

 

なぜ「お昼寝」を終了したのか…。

 

 

「お昼寝なし」に慣れるためだそうです。

 

 

子供に短時間睡眠は通用する?

 

テクニックレビューのページで紹介中の

 

をさせてみようと試みました。

 

しかし、子供ですから自分で起きてくることはできません。

 

起こさないでいると2時間〜3時間は寝てしまいます。

 

 

これだと、夜になってバリバリ目が覚めちゃいます。笑

 

ベッドの上でピョンピョン飛び跳ねるのですから…。(;・∀・)

 

 

そこでまずは、やんわり承認欲求を満たしてあげます。

 

 

 

てか、承認欲求ってなに?

 

承認欲求とは

 

承認されたい欲求のこと。
「誰かから認められたい」と思う感情のこと。

 

 

誰でもこの欲求はあるので仕方ありません。

 

大人は我慢できますが、子供はそれができません。

 

 

その代わり…、簡単に満たされます。笑

 

 

承認欲求を満たす方法は、

 

不満をリピートするだけでいいのです。

 

 

「いやだ!」

 

と言ったら、「そうだよね〜。イヤだよね〜。」

 

です。

 

 

「眠いの!」

 

と言ったら、「そうだよね〜、お昼寝してないから眠いよね〜。」

 

です。

 

 

簡単そうでも、イライラしてしまったらなかなか言えたもんじゃありません。笑

 

 

「私はテクニックで軽くいなす!」

 

と決めれば、意外とイライラしないものです。

 

 

ピーピー言っていても

 

「ほぅ、その手できたか…」

 

と考えるようにしましょう。

 

 

アノ実験を応用して決定権を与える

 

以前紹介した

 

 

例えばウチではこんな感じに使っています。

 

 

<眠くてお風呂入るのイヤイヤばーじょん>

 

家に帰ってきてバタンと寝たら、とりあえず15分〜20分寝かせます。(ミニマムな昼寝)

 

時間になったらまずは体勢を起こしてハグ。(愛を満たす)

 

「眠いのっ!」って怒ります。

 

「そうだよね〜。眠いよね〜。」(テキトーに承認欲求を満たす)

 

すかさず2択を提示する。

 

「〇〇ちゃんの好きなお菓子(おもちゃ)あるよ〜。」

 

「お風呂入る前に食べると(遊ぶと)1個だけだけど、お風呂入ってからだと2個食べられる(遊べる)よ〜」

 

「どっちにする〜?」

 

(あらかじめ何回か成功体験を積んでおくと効果的)

 

ピッと目が覚めます。笑

 

子供は決定権を与えられ、さらに実行することで、自尊心まで満たされちゃうのです。

 

 

 

 

 

というわけで…。

 

イヤイヤ期は大変ですが、テクニックを駆使してどうにか乗り切りましょう!

 

 

まぁ、うまくいかない日だってありますよ、そりゃぁね。 ( ̄▽ ̄) ←(「開き直り」というテクニック使用中)笑

 

 

おわり♪