子供に苦い(にがい)薬を飲ませる時の混ぜ方5つのポイント

子供に苦い(にがい)薬を飲ませる時の混ぜ方5つのポイント

子供に苦い(にがい)薬を飲ませる時の混ぜ方5つのポイント

 

 

 

ニガイ薬、苦手です。笑

 

まぁ、好きな人なんかいませんよね。

 

 

大人でもキツいのに、小さな子供に飲ませるのは酷(こく)です。

 

咳止めとかは全然甘くて美味しいのですが、特に抗生剤などの「よく効く薬」は子供用でもビックリするくらいマズい。笑

 

そんな苦い粉の薬でも、どうにか飲めるようになるポイントを紹介します。

 

 

 

味覚の作用を利用する5つのポイント

 

ただやみくもに「とりあえず混ぜる」と逆効果だったり、薬の効き目が弱まってしまったりしますので、次のポイントを押さえましょう。

 

 

@ 酸味があるものと混ぜない

 

illustAC

 

やってしまいがちです。

 

オレンジジュースとまぜたりとか・・・。笑

 

好きなドリンクに混ぜたら飲んでくれそうな気がしますが、酸味がある(酸っぱい)ドリンクと混ぜると、とてつもない味に変化します。笑

 

絶対飲めませんよ。

 

泣きます。笑

 

試しに自分でも飲んでみた方がいいと思います。

 

別次元の味です。( ;∀;)コノヨノモノトハオモエナイ

 

まさに天才。笑

 

 

A 冷たいモノとまぜて味覚を鈍らせる

 

illustAC

 

甘いバニラアイスクリームなどと混ぜるとイイです。

 

冷たいものは「味を感じにくい」ため、アイスと混ぜる方法がオススメ。

 

薬自体を凍らせると、変質してしまうおそれがあるので、あくまで「冷たいものと混ぜる」ようにしましょう。

 

逆に…、温かいモノと混ぜると、風味が増してしまいます。笑

 

例えば、同じ「おでん」でも冷たいより温かい方が断然美味しいですよね。(≧▽≦)

 

薬の風味を倍増しないよう、冷たいモノと混ぜるのがオススメです。

 

 

B ドロドロの食感にする

 

illustAC

 

ゼリーや、バナナシェイクなど、ドロドロとした食感のモノに混ぜると、薬自体が舌に接する量を減らすことができます。

 

子供が好きな食感なので、飲んでくれる確立は高まります。

 

最低でも、「なんだかわからないけど、おもしろい飲み物」くらいまでハードルを下げることができます。笑

 

 

C 牛乳と混ぜる

 

牛乳は鉄板ですね。

 

薬を牛乳の膜でコーティングして少しでも飲みやすくしましょう。

 

 

 

D 飲めたら褒(ほ)める

 

飲めたら全力でホメましょう。笑

 

 

第三者の前で飲むところを見てもらうのも効果的です。

 

たとえば、親戚の方の前とか、お友達の前で、「○○ちゃん、お薬飲めるんだよね〜。えらいよね〜。」と。

 

飲めたら全員にホメてもらえれば、調子にノリます。笑

 

 

やってはいけないこと

 

食べなくなると困るモノに混ぜない

 

主食として食べてもらいたい食べ物などに混ぜると、トラウマになって食べてくれなくなります。

 

それだけは避けたいですね。

 

 

騙(だま)さない方がイイ

 

3歳くらいになると、「これは薬だろ(; ・`д・´)」ってことがわかります。

 

「お菓子だよ〜」とか「甘いよ〜」とか、ウソをつくと逆効果です。笑

 

子供の信用を失うので、マズくない薬も拒否するようになってしまいます。

 

本当のことを告げて、飲めた時に褒めてあげれば、子供は自己肯定感を高めることができます。

 

ドヤ顔です。笑

 

illustAC

 

まとめ

 

苦い薬を子供に飲ませるとき、混ぜ方のポイントは、

 

@ 酸味がない

 

A 冷たい(アイス)

 

B ドロドロ(バナナシェイクなど)

 

C 牛乳

 

D 飲めたら褒める

 

です。

 

ものすごく苦い薬を「全然苦くないモノ」に変換するのは不可能ですが、

 

目指すところは、

 

なんだかよくわからないけど、おもしろい飲み物

 

ちょっとニガいけど、思ったほどニガくないやつ

 

です。

 

 

私は毎回、バナナと牛乳をミキサーにかけてバニラアイスと混ぜて飲ませています。

 

 

↓子供の反応

 

飲み始め 「コレ、美味しい!」

 

(少しずつ後味が苦くなってきて…、飲み終わるころに)

 

「チョットマズイじゃん!」

 

気付くと飲み終わっているので、まぁ成功かなと。(;・∀・)

 

ポイントを追加するとすれば、「なるべく一気に飲ませること」ですかね。笑

 

最初に「これは薬だよ。」と告げているので、若干構えますが、飲み終われば褒めてもらえることを知っているので、飲んでくれます。笑

 

 

いろいろ混ぜすぎて飲む量が多くなると、全量飲みきらないということが起こり得ますので、そこだけ注意しましょう。

 

子供の好みに合わせて、混ぜるモノを工夫すれば、少しでも飲んでもらえるようになります。(^^♪

 

諦めないでっ!(≧▽≦)

 

 

おわり♪