4歳の子供でも補助輪なしで18インチの自転車に乗れる

4歳の子供でも補助輪なしで18インチの自転車に乗れる

 

アホ男子を絶賛子育て中のママです。

 

以前にも「子供が最短で自転車に乗れる方法」という記事を書いていますが、今回はなんと4歳のアホ男子が18インチの自転車に挑戦です。

 

18インチと言ってもイメージしにくいと思いますが、通常の流れからすると、自転車デビューが16インチの補助輪付きが一般的なサイズですよね。

 

それを今回は2インチ飛び越えて、さらに補助輪なし。

 

いくらアホ男子が怖いもの知らずと言っても、ホントに乗れるのか正直私も不安でした。

 

しかし、その不安は一瞬で解消されたのです。

 

 

 

 

御覧の通り。笑

 

↑買ってすぐ乗った状況です。

 

 

 

子供が自転車をマスターする黄金ルール

 

うちの子が特別に運動神経がイイわけではありません。

 

子供にとって自転車デビューを最適化するだけで、簡単に乗れるようになります。

 

誰でもそうですが、小さいうちに「怖い」「痛い」思いをすると、トラウマになり、なかなか進歩しなくなってしまいますよね。

 

そこの部分に大人が少し気を遣って適切なアイテムを投入してあげることで、子供は勝手に楽しく乗れるようになります。

 

 

 

最初の自転車デビューはストライダーから

 

3歳ころになったら、まずはストライダーからデビューしましょう。

 


 

 

「永く使えるように」と、いきなり一般的な16インチの補助輪付き自転車を買ってしまいがちですが、これがアダとなってしまうケースが多いです。

 

これをやってしまうと、結局大人が付きっきりで後を押して指導しなければならなくなり…。

 

中腰で自転車を押すのってけっこう大変。

 

健康な人でも腰を痛めてしまいます。Σ(゚Д゚)アウッ

 

 

ストライダーは12インチというサイズです。

 

これに十分乗れるようになったら、同じサイズの自転車を選びましょう。

 

実はストライダーと同じ12インチの自転車はちゃんと存在します。

 

ウチの子にはムラサキスポーツでクランカーというBMX風の自転車を買いました。

 

 

 

さすがにもう小さくて、曲がるときにヒザがハンドルに当たりそうで、窮屈。

 

タイヤも小さいのでスピードが出せるようになってくると、シャカシャカ漕ぎ続けなければなりません。笑

 

そうなってきたら、インチアップしましょう。

 

 

今回の18インチはこんな感じ。

 

 

ぎりぎり両足のつま先がつけばOK。

 

 

まだまだ車のトランクにそのまま積めちゃうかわいいサイズ。

 

 

 

12インチと比べると、確かに大きいですね。

 

「自転車」って感じ。

 

 

 

 

補助輪があると曲がり方が違う?

 

補助輪を外してからも、実際に乗りこなすまでには相当な時間がかかりますよね。

 

無理もないです。

 

2輪の場合(補助輪なし)と4輪(補助輪付き)では、曲がり方が違うからです。

 

2輪の場合は、ご存知の通り、車体を傾けるようにして曲がりますよね。

 

しかし、補助輪付きの場合は、車体が傾かず、ハンドルを無理やり切って曲がることになってしまいます。

 

3輪の自転車やバギーなどに乗ったことがある方ならわかると思いますが、全く別の乗り物って感じなんです。

 

 

まだどちらも初めての子供に、その違いを説明しても理解できません。

 

なので、まずはペダルのないキックバイクで車体のバランスをコントロールする感覚を自然に身につけてもらう必要があるわけです。

 

バランスさえとれるようになれば、あとはペダルで速度を調節するだけなので、教えるまでもありせん。

 

子供はペダルを漕げば今までよりスピードが出せるとわかり、勝手に漕ぎ出します。笑

 

 

 

ウチのアホ男子にもできるのだから、安心してください。

 

実際にスピードが出せるようになったら、あとはブレーキのかけ方を根気強く教えて、ちゃんと止まれるようにすれば安心ですね。

 

あとは多少、転ぶなりして、「気をつけないと痛い」ということを体験してもらう必要はあります。

 

 

最初から転んで覚える苦痛なスタイルではないので、転ばないようにするために前向きに挑戦する姿勢を保つことができます。

 

最初に「自転車 イコール 楽しい乗り物」という印象をつけてあげることが優先ですね。(*´▽`*)

 

 

 

おわり♪