スクワットで赤ちゃんは寝る〜0歳児寝かしつけの方法

スクワットで赤ちゃんは寝る|0歳児寝かしつけの方法

 

 

スクワットしてますか〜?

 

赤ちゃん(0歳児)は冗談抜きでスクワットで簡単に寝ますよ。

 

ウチの子(長男)は1歳過ぎまで、この方法で簡単に寝かしつけていました。

 

ただ、スクワットって言っても、プロスポーツ選手がやるような、あるいは部活でやるような「ちゃんとしたスクワット」の必要はありません。笑

 

超テキトーなスクワットでいいんです。

 

言うなれば「膝カックン」程度の。

 

「こんなスクワットだったら、部活の部長さんや顧問に絶対怒られる」的なスクワットです。笑

 

これなら産後でもできますし、疲れて帰ってきたパパにもできます。

 

 

 

肩口に抱いてスクワット

 

 

右でも左でも、どちらか抱きやすい方の肩口に赤ちゃんを縦に抱きます。

 

片方の前腕を赤ちゃんのお尻の下で、ベンチになるようにして座らせて。

 

 

 

肘の角度を90度に近づけると、抱っこしてて軽く感じると思います。

 

もう片方の手は赤ちゃんの背中付近に当てて姿勢を支えましょう。

 

首が座る前の赤ちゃんは首後ろに手を当てて支えます。

 

 

赤ちゃんが自然と肩にアゴを乗せて、もたれかかれるようにしましょう。

 

この状態で軽くスクワット運動(膝カックン)していきます。

 

ほんの少しヒザを曲げて、上下に20〜30センチ上下させるイメージで。

 

 

 

あまり落下が激しいと、赤ちゃんは喜んでキャッキャとはしゃぎ出すか、ギャン泣きします。笑

 

ホントに適度な感じで軽くスクワットでOKです。

 

 

スーッと重力が抜けて意識が遠のく感じをイメージしながら…。

 

 

ジェットコースターで落ちる時、フワーッとなる感じありますよね。

 

アレの弱いバージョンで、少し速めに下降するエレベーターに乗った時程度のフワー感で。笑

 

 

 

次第にまぶたがトロ〜ンと下がってきて、眠りに入ります。

 

眠くなって脱力した赤ちゃんはとても重くなるので、入眠の合図です。

 

 

 

鏡を見て、子供が目を閉じているか確認したら、私はそのまま2〜3分ゆらゆらと動きながら様子を見ます。

 

(すぐに横に寝かせると起きることがあるので)

 

 

早い子だと10回のスクワットで寝てしまった子もいました。笑

 

ウチの次男はよく寝る子なので、同じく10回が最短記録。(;・∀・)

 

 

それくらい効果が出やすい寝かしつけなので、逆になかなか寝付かないときは何か他の理由があると考えて間違いないと思います。

 

お腹が空いているのか、鼻が詰まっているのか…。

 

子供はまだ理性が発達しておらず、本能で生きているので、眠いのを我慢する子供はいないのです。

 

運動不足解消のエクササイズとしても、活用できますね。(*´▽`*)

 

 

 

おわり♪