赤ちゃんや子供の目薬は眠って(寝て)いる時がチャンス

赤ちゃんや子供の目薬は眠って(寝て)いる時がチャンス

 

子供の目薬って、めっちゃ難易度高いですよね。笑

 

 

ウチの5歳アホ男子も

 

「ワカッタ、ワカッタ、デキル!」

 

illustAC

 

 

とか言いつつ、全然目開かねーし。

 

 

 

(。-∀-)ナニコイツ

 

 

 

やっとの思いで目薬が入ったと思ったら泣き出すし、手でこすってほとんど流れる始末…。

 

 

もうお手上げって感じになります。笑

 

 

 

寝てる時に目薬すればいい

 

 

 

これが意外と上手くいきます。

 

なんでもっと早くそうしなかったんだろう。笑

 

幾度となくアホ男子と格闘してきました。

 

 

 

保育園などで結膜炎が流行すると、家族にも感染します。

 

今回は次男もかかってしまいました。

 

朝起きたら、目ヤニがビッシリで、目が開けない状態だったのです。笑

 

 

すぐに眼医者さんへ行き、目薬をもらってきました。

 

 

 

 

さっそくお昼寝タイムの時にミッション開始。

 

 

 

寝付いてから数分後であれば、何をしても起きません。笑

 

目をこすってムダに流れてしまうこともないので、効果はバッチリ。

 

一瞬起きそうになる時もありますが、眠気の方が勝っているので、そのまま寝てしまいます。

 

 

数日で目やにや充血は解消されました。

 

 

起きているときに目薬ができるようになるのは、5歳くらいからでしょうかね。(´∀`*)

 

 

よい1日を♪

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

「アホ男子4歳、ガラスのコップを割る」の巻〜傾向と対策まとめ〜

 

「アホ男子4歳、ついに駅で迷子になる」の巻 〜傾向と対策まとめ〜

 

子供に苦い(にがい)薬を飲ませる時の混ぜ方5つのポイント