アホ男子にテプラテープで身長を意識させたらモリモリ食べるようになった

アホ男子にテプラテープで身長を意識させたらモリモリ食べるようになった

アホ男子にテプラテープで身長を意識させたらモリモリ食べるようになった

 

アホ男子を2匹子育て中のママです。

 

 

1号(長男)が5歳になり、モリモリご飯を食べられるようになりました。

 

というのも、身長が伸びることで発生するメリットを意識し始めたからというのがあります。

 

 

illustAC

 

 

 

2〜3歳の頃は、思うようにご飯を食べてくれないこともあったので、大きな進歩です。

 

 

性格によっては、子供って全然ご飯を食べてくれなかったり、単純にアホ男子だと集中できないということがありますよね。

 

ジッとしていられないというか、座っていられないみたいな…。

 

 

 

ウチの子の場合は、ふらっと行った遊園地で、身長がビミョーに足りなくてアトラクションに乗れなかった経験が大きく影響しました。

 

 

絶叫マシンに乗る気マンマンで行ったのに、数センチ足らず、乗れなかったのです。

 

それからと言うもの、その身長を目指してモリモリ食べてくれるようになりました。笑

 

 

とりあえず目指すは「120センチ」。

 

乗れるアトラクションの幅も広がりますし、いよいよ絶叫マシンデビューです。

 

私も夫も大の絶叫系ファンなので、「早く一緒に乗れるようにならないかなぁー」と心待ちにしています。笑

 

 

 

 

ウォールステッカービリビリ事件

 

 

身長計測テープを壁に貼っていたのですが、2号(1歳)がビリビリに破いてしまいました。

 

(;´∀`)トホホ

 

 

せっかく意識が高まってきたのに、気持ちが萎えてしまっては困ります。

 

 

そこで、テプラで壁にシールを貼ってあげることに。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

もはや見えないくらい目立たないです。笑

 

 

 

 

 

 

細かなメモリは見ちゃいないので、メジャーで10センチ単位を計り、小さくて透明なテプラテープをペタリ。

 

 

 

 

特にテプラの透明テープは剥がすときもキレイに剥がしやすいので便利です。

 

 

朝起きてすぐ、ご飯食べてすぐ、一日に何度もこの前に立ち、「もうちょっとかな〜」ってメモリと背比べしています。笑

 

 

 

作ったご飯を集中してモリモリ食べてくれると、こちらも嬉しいですね。(´∀`*)

 

 

 

 

よい1日を♪

 

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

アホ男子5歳に「おててポン」を使ったら全然洗えていないことが判明した件

 

「アホ男子4歳、ついに駅で迷子になる」の巻 〜傾向と対策まとめ〜

 

産後ママの特徴あるある〜世の男性よ、理解して!〜