「やること」を減らす

「やること」を減らす

「やること」もミニマムに

 

一日を振り返ってみて、誰しも 『別にやらなくても支障のないこと』 が存在すると思います。

 

 

ミニマリストはこれを思い切って減らしちゃいます。

 

( ・`д・´)オッシャー

 

 

 

掃除や片付けに時間をかけない

 

illustAC

 

 

モノを減らして掃除の方法をミニマムにすれば、回数と時間を減らせます。

 

掃除をラクにするには、まず掃除すべき場所をスッキリさせることが肝心です。

 

 

詳しくは 「おそじメニュー」 参照。

 

 

 

支払いは口座振替とカード払い

 

まず公共料金などの支払いは確実に口座振替にすることで手間を省くことができます。

 

買い物をする際も、カードやおサイフケータイを使用すれば小銭はおろか、財布すら出す必要がありません。

 

現金を使わなければ、いざというときに手元にお金がないということも防げますし、ATMから頻繁に引き出して手数料を払う必要もなくなります。

 

 

ATMからお金おろす瞬間って、なんかビミョーに緊張しますよね。笑

 

(; ・`д・´)周囲異常なしっ!

 

はぁ…、ストレス。笑

 

 

 

「カードは買いすぎてしまうかもしれないから…。」という心配もミニマリストになれば無用です。

 

そもそも買うものが極めて少ないのですから…。

 

(。-`ω-)タシカニ

 

 

 

財布から現金を出して支払うのをやめちゃう

 

http://www.au.kddi.com

 

そもそも、カードやおサイフケータイが発達した現在で、財布からジャラジャラとお金を出して支払い、またジャラジャラと釣り銭を受け取るのはナンセンスなのでは?

 

 

コンビニやスーパーでは特に、後ろに列ができている場合がありますし、お札で払って小銭をたくさん受け取って財布がビッシリ!なんてことも…。

 

さらに履歴を確認するにはレシートを受け取って帰らなければなりません。

 

家に着いたらこのレシートを家計簿にノリで貼りつけて…。

 

えーと分析分析…。(@_@)ピポパポ

 

 

これ、もうやめませんか?

 

 

財布には現金も入れておきますが、クレジットカードやお財布ケータイ、あるいはSuicaなどで『ティロンッ』っとスマートに買い物しましょう。

 

釣り銭をジャラジャラと受け取らなくてもいい!店員さんも楽!

 

スマートでカッコイイ!後ろの人も助かる!財布はスリムでミニマム!財布の中の現金は減らないからATMに行かなくていい!…。

 

もはやメリットだらけ。

 

 

レシートを受け取らなくても、履歴はネットでいつでもどこでも確認できます。

 

iPhoneにもおサイフケータイの機能が付きましたし。

 

 

スマホ1つでどこまでも行けます!

 

 

 

試しにどこまで行けるかやってみたい。笑

 

 

 

 

私服の制服化

 

着る服に悩むことをやめます。

 

世界のミニマリストに共通する取り組みでもあります。

 

 

オシャレを諦(あきら)めることとは違いますよ。(*‘∀‘)

 

 

詳しくは「セレブなミニマリストが毎日同じ服を着る理由」のページ参照。 

 

 

 

漠然と学ぶのをやめる

 

代表格は言語の勉強です。

 

必要に迫られなければ言語は修得できませんし、費用と時間がかかりすぎます。

 

具体的な目的を明らかにして取り組みましょう。

 

 

参考になる映画はコレ

 

「マダム・イン・ニューヨーク」

 


 

家族の中で唯一英語が話せない母親が、突然1人でニューヨークに行かなければならないことに…。

 

どんな心理のときに言語を修得することができるのか、人は本気になれるのか。

 

「私にだってできる!」 と感じる映画です。

 

 

 

メガネやコンタクトをやめる

photoAC

 

 

これからの人生を裸眼で過ごすことにしましょう。

 

メガネやコンタクトに付随するモノを手放し、煩わしさを解消するだけで人生は大きく変わります。

 

詳しくは「レーシックでストレスフリー」のページ参照。

 

 

 

「しないことリスト」を作成する

illustratAC

 

 

自分独自の「しないことリスト」を作成してムダを減らしましょう。

 

 

せいせいするほど、やりたいことをやるために。

 

考えてみると、実はどうでもいいことをやっていることに気付きます。

 

詳しくは「しないことリストの作成」ページ参照。

 

 

 

まとめ

 

 

モノや娯楽があふれた現代をリア充で生きるには、「しない勇気」も必要なんだ…。(´∀`*)

 

 

 

よい1日を♪