誰でも「うつ」になる。〜自分の救い方を知っているか〜

みんな「うつ」になる

 

 

 

「うつ」という病気は、ここ数年で認知度が格段に高まりましたね。

 

「もしかしたら、あの時「うつ」だったのかも〜…。」って思い当たる節もあると思います。( ̄▽ ̄)

 

 

そうです。

 

「鬱(うつ)」は誰にでも訪れます。

 

 

 

 

「休む勇気」ありますか?

 

 

「今は休めないよ〜。」

 

って思うとき、ありますよね。

 

 

確かにいつだってそうです。

 

誰だって休まずに働き続けられたら理想。

 

 

でも、理想通りいかないのが人生。

 

だから完璧は誰も求めていませんし、あなたが完璧であることなど、誰も想定していません。

 

 

 

人の心はガラスのように、とても壊れやすい。

 

一度壊れると修復にとてつもない時間と労力が必要です。

 

 

「鬱(うつ)」は心の風邪。

 

 

「うつかも〜。」って思うだけで、なんだか「うつ」っぽくなりませんか?笑

 

「カゼかも〜。」と同じです。

 

 

 

 

心が疲れたら頑張れない

 

 

「心が疲れる」なんて考えは、ひと昔前には存在しませんでしたね。

 

「そんな奴は、怠け者だ!」

 

って言われるのがオチでした。

 

 

「弱いヤツ」のレッテルを貼られるのが怖くて、結局、壊れるまで頑張ってしまう…。

 

 

走り続けられる距離には個人差があります。

 

向き不向きがあります。

 

 

そこがわからない人は「うつ」になったとき大変です。

 

 

 

 

「いつも元気な人」はいない

 

 

「あの人っていつも元気だな〜」

 

って人は、知り合いに1人くらいいると思いますが、そういう人に限って、自宅では静かにしているものです。笑

 

 

試しに聞いてみてください、「どうしていつも元気なんですか?」って。

 

意外にも、「いや、こう見えて家では静かなんですよ〜…。」って返ってきます。笑

 

 

 

 

そもそも休むのが下手

 

 

これ、致命的。

 

 

「休むことが悪いこと」みたいに思い込んでいると、かなり危険です。

 

バリバリ働いている人にありがちな故障パターンですね。

 

 

「鉄人」のつもりでしょうか。

 

 

「恨み」や「怒り」など、アドレナリンが多く出がちな動機で動いている場合には、一見すると「鉄人」のように見えてしまいます。

 

うまく作用している間はプラスに働くことがありますが、目的を果たした後は「燃え尽き症候群」のように、一気に「うつ」状態に陥ってしまうでしょう。

 

 

 

 

「うつ」じゃなくても考えてみる

 

 

今現在「うつ」じゃなくても、考えるキッカケを持つべきです。

 

そういえば、あの時の気持ちに似ているかも…。

 

なんて振り返ってみると、思い当たる節があったりします。

 

 

どう考えたらいいのかわからない人は、映画「ツレがうつになりまして」を見ましょう。

 

 

 

 

できれば多くの人に見てもらいたい映画です。

 

私は何回も見ました。笑

 

本当にイイ映画です。

 

マジで泣けます。

 

 

アマゾンプライムの人は無料になってますヨ。(≧▽≦)チャンス

 

 

本もオススメ↓

 

 

 

 

自分の心の調子とは、体調と同じように、生涯付き合っていかなければなりません。

 

リアルに描かれた映画やコミックで疑似体験しましょう。

 

勇気をもって本や映画にしてくれた人がいるのです。

 

 

彼らの勇気を称(たた)え、いずれ来る「自分の番」に備えましょう。

 

 

 

 

まとめ

 

 

誰にでも「うつ」は来る。

 

 

自分の心に問いかけてみる。

 

休めるときに「ちゃんと休む勇気」はあるか?

 

「本当の休み方」を知っているか?

 

 

「うつ知らず」なんて全然スゴイことではない。

 

よく知っているから対策できるし、自分の弱さを知っている人が「真に強い人」。

 

 

「長く細く」

 

 

人生はマラソンのようなものだから、自分のペースを守れることが最速かもしれないですね。(*´▽`*)

 

 

 

 

よい1日を♪