ムダ会議「絶賛開催中!」の幹部(上司)は後悔する日が来るヨ

ムダ会議「絶賛開催中!」の幹部(上司)は後悔する日が来るヨ

そもそも会議はムダ

 

 

 

子供が産まれるまで第一線でバリバリ働いていましたが、ちょいちょいムダな会議にも参加していました。

 

雇われの身では仕方がないことです。( ̄▽ ̄)

 

なるべく参加しなくても済む方法を探していましたが、会社や組織によっては避けて通れないこともありますよね。

 

 

 

 

経営者や幹部が会議や報告会フェチの場合には、かなり悪質です。笑

 

そんなときはこう考えるようにしています。

 

 

 

ムダ会議開催者は参加者の貴重な時間を奪ったことを後悔する日が来る

 

その日は近いです。笑

 

泣いて謝っても、どんなに悔やんでも、自分の過ちは消せません。

 

人の貴重な「時間」を忙殺したのですから。

 

 

まぁ、気にしない社長や組織の幹部もいるかもしれませんが、今どき堂々としょーもない会議などを開催しているトップはロクなものではないという評価をされています。

 

有能な人々の貴重な時間を奪う「犯罪にも近い行為」だという認識が足りないのでしょう。

 

 

会社や組織にとって、何より重要なのが、「社員の時間」です。

 

時間がなかったら、できるはずのこともできなくなってしまう…。

 

一日にしたら数十分から数時間かもしれませんが年間や一生にしたら、膨大な時間がムダにされています。

 

 

メールで送信すれば済むような内容なのに、いちいちペーパーをなぞったような報告や、賛成するしかあり得ないどうでもいい決定報告に人員や時間を割く意味があるのでしょうか?

 

意外と大きな会社や大きな組織にありがちな光景ですね。

 

特に日本の会社や組織はこの傾向が強いです。

 

そんなムダなことをやっているヒマさえないベンチャーや、伸び盛りの中小企業であれば、そもそも起こり得ないでしょう。

 

 

 

一同に集めて会議をやらなきゃ浸透しないような仕組みなら、そもそも抜本的な見直しが必要

 

 

どんな会議や報告会を開いても、聞く気がない人には聞こえていません。

 

寝ているか、聴いているフリをして全く別のことを考えているに決まっています。笑

 

だから集めるだけムダです。

 

 

その会議や朝礼に参加させるために、他の仕事のスケジュールを合わせなければならないなんて…。

 

 

 

それぞれ仕事の役割には、「おいしい時間」が異なるケースもあります。

 

 

「〇〇は早出しているので、朝礼には出ません」…なんて。

 

 

そんな時に限って、クズな幹部は「いない?私が伝えたことにならないじゃないか!」などと寝ボケたことを言いますよね。笑

 

保身のための集まりだということがバレバレです。

 

「あなたのために集まる皆さん」なのであれば、その組織は終わっていますね。

 

上司の自己満足の講演会が会社や組織にとってどんな価値があるのでしょうか。

 

 

 

出席できなかった人に対して、フィードバックを忘れて情報を取りこぼしてしまうような仕組みなら、その仕組み自体を見直すべきですし、

 

そもそも全員がその瞬間に聞く必要がない報告や連絡なのであれば、開封確認をつけてメールするなど、いくらでも方法はあるはずです。

 

聞く気がある人しか聞きませんし、メールを開く気がある人しか開きません。

 

 

「部下の監督がなっていないからだ!」

 

と、さらに上級の幹部に叱られて、

 

「君たちがそんなだから私が社長に怒られたじゃないか」

 

などと、そっくりそのまま部下に落としてくるようなクズ上司なら、そのチームは成功しないでしょう。

 

 

怒鳴ったり罵声を浴びせることで、一時的には改善されたように見える状態が一番コワいということがわからないのでしょう。

 

 

トップが魅力的なら、その会社や組織に残る価値は十分にありますが、みんなしてロクでもないなら、さっさと辞めて他へ移りましょう。

 

そのことに気付いているアナタなら、きっと他でもやっていけます。

 

 

 

本気で「ホウ・レン・ソウ」してほしいなら、人の時間を奪うな

 

会社や組織にとって、「報告・連絡・相談」が重要であることは、わかりきっています。

 

なにも会社に限ったことではなく、家庭でも同じこと。

 

仲が冷めきった夫婦や、決裂した親子関係の間に「ホウレンソウ」は存在し得ないからです。

 

 

会社で言うなら、まず上司と部下の関係を改善するために、「時間をミカタに」してやらなくてはいけません。

 

ムダな会議や報告のために時間をかければ、作業に追われ、チームや上司との関係を作っている暇などなくなるからです。

 

 

「そんなこと言っても信用できないから、集めて言わなければならない。」

 

と考えたアナタは、チームや部下をそもそも信用できないわけですね?

 

 

信用できない人達と一体何をやりたいのですか?

 

世界を変えたいのですか?

 

どんな製品を作りたいのですか?

 

 

…。

 

 

ダラダラとムダな時間を過ごした事実だけしか残りません。

 

 

チームや部下は皆、アナタの愚痴や陰口をたたくでしょう。

 

冷めきった家庭と同じことが起きるだけ。

 

本当に欲しい「ホウレンソウ」は上がってきません。

 

 

この良き日に、なんとナンセンスなのでしょう。笑

 

 

 

まとめ

 

「ムダな会議は必要ない」と声を挙げてもいいでしょう。

 

もし声を挙げずらいなら、クズ幹部が「悔やんでも悔やみきれない自責の念」に押しつぶされるのを見届けることもできます。

 

 

アナタが上司や幹部になったとき、同じことで会社や組織をダメにしないように、そして自分自身をダメにしてしまわないようにするために、その愚行と醜態を見届けるのです。笑

 

 

「ムダな集まりはしない」

 

そう心に決めるために…。

 

 

 

きっと良き日は訪れます。(*´▽`*)

 

 

 

おわり♪