カフェや図書館などで仕事や勉強をするメリット

カフェや図書館などで仕事や勉強をするメリット

カフェや図書館などで仕事や勉強をするメリット

 

カフェなどで仕事や勉強をしている人の姿をよく目にしますね。

 

そういう姿を見ると、

 

 

「なんでこんなとこで?」

 

「家でやれよ」

 

「周りがうるさくないのかな」

 

 

って思う気持ちもわかります。笑

 

photoAC

 

 

でも、やっている人にしかわからないメリットもあるんです。

 

私も今は「自宅派」なのですが、かつてはカフェなどで仕事や勉強をしていた経験から、ちょっとした誤解を解いてみたいと思います。笑

 

 

 

誘惑を「無」にする

 

自宅が一番集中できそうな気がしますが、時にそれは当てはまらないケースもありますよね。

 

特に、資格の勉強や執筆など、何か1つのことに限定して作業する場合(荷物が少ない場合)、自宅よりも出先の方が適していることもあるのです。

 

 

カフェや図書館で仕事や勉強をするメリット、それはズバリ

 

誘惑をミニマムにできる

 

です。

 

 

他は、ハッキリ言ってデメリットしかないです。笑

 

 

 

誘惑が何より大敵

 

 

 

受験勉強を経験された方は言わずもがな。

 

ここ一番で、人生を左右するかもしれない勉強であるにもかかわらず、机にじっと座って作業することは、かなりの集中力が必要ですよね。

 

ソワソワする中、自宅ではテレビやお菓子、すぐに横になれるベッドや大好きなマンガなど、いとも簡単に集中が途切れる誘惑がそこら中にゴロついています。

 

自宅は「自分仕様の快適空間」なので当然と言えば当然です。笑

 

どこより寛(くつろ)げるに決まっています。

 

 

 

しかし、カフェや図書館などは、自宅のように快適さはありません。

 

人に見られているし、トイレは行きたいときに空いてないかもしれないし、ドリンクは有料…。

 

快適そうに見えて、全然快適ではない…。

 

 

 

しかし、

 

 

 

目的はソレなのです。笑

 

 

 

 

他にやることがなければいい

 

 

人間の思考は単純。

 

他にすることがなければ、自然と残ったソレをやり始めます。笑

 

初めは上手く集中できない状態かもしれませんが、作業興奮という言葉がある通り、手を動かし始めれば、次第に集中モードに入り込めるのです。

 

 

カフェは思いのほか騒々しいし、正直言って他人の目も気になります。(。-`ω-)

 

しかし、ほどよく「見られてる感」があり、「何かやらなくては…」という気持ちになって、手が動き始めるのも事実です。

 

テーブルでいきなり爆睡し始めるわけにはいかないですからね。笑

 

ドリンク代もかかっているし、「やらねばっ!」という1歩を踏み出す原動力につながっているワケです。

 

 

 

まとめ

 

つまり、カフェや図書館などで仕事や勉強をするメリットは、

 

他にすることがない状態

 

他人の目を若干気にする状態

 

に身を置くことで、自分の「やる気スイッチ」を押すことができる。

 

ということです。

 

自分にムチ打ってもがいている証拠。

 

誰だって、自宅でダラダラしたいですから。笑

 

 

暖かい目で見守る気持ちを持つ余裕があれば、変な偏見を持つ必要もなくなりますね。(´∀`*)

 

 

本当は各自治体ごとに利用できるスペースがたくさんあればいいですけどね♪

 

 

 

 

よい1日を♪

 

 

 

↓こちらの記事もとうぞ。

 

 

「何もしないことに耐えられない」人間の本質を利用する

 

 

何事もゲーム化するだけで達成率が格段に上がる理由

 

 

朝マックのマフィンにサラダを挟んで食べると美味しい&ヘルシー