なんと!積極的に諦(あきら)めるという「戦略」

なんと!積極的に諦(あきら)めるという「戦略」

なんと!積極的に諦(あきら)めるという「戦略」

 

「諦める」と言うと、なんだか聞こえが悪いですね。

 

ネガティブにしか聞こえなくなってしまう人も多いと思います。

 

 

私自身も最初はそう思っていたのですが、「戦略の1つ」としてとらえた時、物事がスムーズに回り始めたことを実感したのです。

 

illustAC

 

 

 

前向きに諦める効果

 

 

「諦めるな!」

 

「ネバーギブアップ!」

 

って、自分の心の中で叫んでいることがありました。

 

嫌な仕事や人付き合いでも、我慢してガマンして自分をダマしながらやり繰りし…。

 

 

しかし、それは大きな間違いだったことに気付いてしまいました。

 

 

全てをありのまま受け入れ、狭い世界で少しでも上へ行くことがすべてだと思い込んでいました。

 

取り憑(つ)かれたように働き、稼いだ僅(わず)かなお金で見栄を張れるモノを増やしていくことが美徳かのような思い込み…。

 

 

しかし、

 

実際にはほとんどを手放し、必要で大好きな「モノ・コト」だけに限定した瞬間から、本当の自分と向き合えたのです。

 

 

飾らず気取らず、自然体。

 

 

本当に必要で大好きな物しかしなくなり、真に必要で大好きな事を「選ぶ精度」が上がってきたのです。

 

 

 

 

失敗から学ぶのが人間のイイ所

 

silhouetteAC

 

 

誰しも、1度や2度で自分の天職や才能を見出せるわけではありません。

 

やってみて失敗してみないと気付かないし、「失敗=終わり」ではなく、始まりに過ぎないです。

 

 

「失敗」は、人間が生存率を上げてきた方法であり、進化を遂げてきた理由でもあります。

 

失敗して失い、何度も命を落とし、修正してきたから今の私達がいるわけです。

 

転職をするとか、誰かとの付き合いをやめるとか、それは単なる「修正」であって、罪ではありません。

 

 

 

 

諦めるから最短で新しく始まる

 

 

グズグズと諦め悪く続けていてもダメなこともありますよね。

 

それなら一旦、見切りをつけてみるのも戦略です。

 

選べる世の中でありながら、理由もなく一箇所に居残る必要はないからです。

 

「あきらめる」、「リタイアする」ことに対して、子供のころからタブーだと教えられてきたので、いまいちハードルが高いですよね。笑

 

まるで私達の脳のシステムに「諦めてはいけないコード」が書き込まれているかのよう…。

 

photoAC

 

 

なぜか罪悪感を感じる仕組みになっています。(;´・ω・)

 

 

しかしっ!!

 

 

その罪悪感が自分自身をズルズルと居残らせているとも言えるし、あなたを再び元の場所へ強制的に連れ戻すための「コード」にもなっています。

 

 

 

今日からは「諦める」という「戦略」が存在します。

 

 

そして、「選択できる」という新たなコードを加えてもイイのではないでしょうか。(´∀`*)

 

 

 

 

 

よい1日を♪

 

 

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

 

とりあえず「20時間」を基準に取り組む

 

「やめる」と今までやろうと思っていたことが「始まる」

 

日常生活のサンクコストは?それってコンコルド効果で機会損失?