絶対に論破してはいけない理由

絶対に論破してはいけない理由

絶対に論破してはいけない理由

 

 

 

これ見よがしにオラオラして論破している人っていますよね。

 

アレ、絶対にやってはいけないことです。笑

 

たとえ自分が相手よりずっと有能(有利)で、論破できる案件だったとしても、絶対にやらない方がいいです。

 

 

その理由を説明します。

 

 

 

倍になって返ってきてしまう

 

illustAC

 

 

論破することで、自分は優位に立ったような錯覚に陥ります。

 

 

そこがとても危険。

 

 

相手を論破したことで、なんだか清々しい気分になっていたとしたら、その分、相手は逆のダメージを負ったことになります。

 

論破した自分の中では、「相手を完全に倒した」と思い込みますが、当然ながら口では消滅しません。

 

 

あなたが「根に持たないタイプの人間」を自負していて、「このことはキレイに忘れ去ってやる」と思っていても、論破された相手の記憶から、「やられた」という記録はずっと消えないままです。

 

相手は常に報復の機会を待ち続ける状態に陥ります。

 

 

「論破」は説得とは明らかに違い、攻撃性が強すぎてしまうため、相手も本能的な自己防衛が発動し、あなたに対して「反撃」のベクトルを向けざるを得ない状態になってしまいます。

 

そのベクトルは潜在意識の中で長きに渡り、存在し続けてしまうのです。

 

 

実際に、相手が反撃の行動に移すチャンスがなかったとしても、ニコニコしていながら、あなたには殺気が向けられ続けることには変わりありません。

 

 

そんな関係がいつまでも続くのは嫌ですよね。笑

 

論破した方もされた方、心の健康によくありません。

 

誰も得しないままです。

 

 

 

人は自己肯定感を失うと危険

 

 

自己肯定感というのは、自分の存在する意義を自分や他人から認められているという認識を持てることです。

 

これがあるからこそ、人はヒトであり、互いが助け合う社会が成り立っています。

 

自分に余裕があるから他人を助けることができるワケです。

 

 

論破されたことで、「自分はだめなんだ」と強く落ち込んでしまうと、なかなか自主性が発揮されなくなってしまいます。

 

これが悪いスパイラルを生み続けると、人は心の健康を損ないます。

 

そして、グルグルと悪い考えが頭をめぐると、誰でも原因を解析し始めます。

 

illustAC

 

 

その中の1つに「あなたに論破されたこと」がリストアップされる日もそう遠くはないはずです。

 

 

 

 

そもそも、人の考えを変えることはできない

 

 

大前提として、他人の考えをすっかり変えてしまうことなど不可能だということです。

 

 

どこまで細かく指導を尽くしても、強く言っても、脅迫しても、、、、。

 

 

人は自分で気付かない限り、変われない生き物です。

 

そして、その「気づき」はアナタのお陰ではありません。

 

文字通り、自分で「気付いた」のですから。笑

 

 

自分を論破しようとした加害者を崇(あが)めるハズがありませんよね。

 

 

つまり、変わる一歩手前まで、上手く誘導することは可能です。

 

相手が「論破された」と感じる手前のところで、

 

自己肯定感を失う手前のところで、

 

自主的に気づくように仕向けることはできます。

 

結論は自分で出せるように、導くのが得策です。

 

 

 

名著「人を動かす」から引用します。

 

 

「教えないふりをして相手に教え、相手が知らないことは、忘れているのだと言ってやる」

 

 

「人に物を教えることはできない。自ら気づく手助けができるだけだ。」

 

−D・カーネギー−

 

 

 

まとめ

 

 

論破することは危険だということがわかりましたし、意味がなさそうですね。笑

 

自分から戦争を吹っ掛けにいくようなものです。

 

論破できるほどの余裕があるならば、相手を答えの一歩手前まで導くことは簡単なはず。

 

 

相手はアナタが導いてくれたことにやがて気づき、懐の深さに感謝することでしょう。

 

論破なんて、もはや暴力に近いですね。笑

 

導きたい相手には恨みだけ持たれて、何も変わらないなんて、損です。

 

必要な時間をかけて導くことが何より大切ですよね。(´∀`*)

 

 

 

 

よい1日を♪

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

 

自主性に勝るエネルギーはない 〜自主行動のススメ〜

 

人を動かすにはフワフワ言葉とアクション言語を使い分ける

 

与えることで豊かになる〜救われるのは自分自身〜