ミニマリストがディズニーに行くとどうなる?

ディズニーでのトラブル防止法

トラブル無しでディズニーを楽しむ方法

 

 

 

ディズニーで過ごす時間は、夢の世界に浸れる大切なひと時。

 

小さな子供を連れていてもトラブル無しで楽しみたいところです。具体的にどんな風にしたらトラブルを防げるのか。

 

あるいは予期せぬトラブルに対処するにはどうしたらよいか、一度は考えてみる価値がありそうです。

 

 

ディズニーで連絡がとれなくなったらどうする?

 

 

 よくあることです。

 

特にディズニーのパーク内では、誰もがハイテンションなので急に走り出すこともしばしば…。

 

「ちょっと先に行って並んどくね」 とか 「ファストパス取ってくるよ」 とか 「買い物行ってくるね」 とか。

 

ケータイがつながる場合でも場所の説明に困ることはあります。「いまどこ?」と聞かれても近くに主要なアトラクションが無い場合や、初めてインパした人の場合、「えーっと、大きな木の近く…。」なんてことも。

 

 

 

はぐれた場合の集合場所を決めておく

 

まずインパしてゲートを通ったら、アトラクションへ走りだしたい気持ちを一旦抑え、「もしはぐれたら〇〇に集合しよう」と決めておきましょう。

 

ディズニーのパーク内は平気でも、近くで大きな災害が発生したような場合には、ケータイの通信制限がかかり、思うように電話も繋がらない場合もあります。(元旦のカウントダウン前後のように)

 

 

迷子シールをもらっておく

 

迷子センターやベビーセンター等であらかじめこのシールもらって子供の服に貼りつけておけば、いざというときでも安心。

 

出典http://www.tokyodisneyresort.jp

 

名前を言えない小さな子供でも、名前と電話番号を書いて、服に張り付けておけばOK。

 

個人情報の上から目隠しシールを貼るので、キャスト(スタッフ)が迷子を見つけたとき、すぐに名前や連絡先がわかります。

 

 

パーク内でなるべく食べ歩きしない

 

ディズニーのパーク内にはアイスやポップコーンなど色々な食べ物が売っています。

 

小さい子供がいる場合は特にですが、人にぶつかって汚してしまったり、ポップコーンやドリンクを通路にぶちまけてしまうおそれがあるので、飲食は休憩がてらお店に入って飲み食べしましょう。

 

特にパレード開始直前に、通路を横断する際には注意が必要です。

 

パレードの通路でこぼしてしまうと、大恥をかくおそれがあります。

 

 

ティッシュ等もお店には置いてあるので、こぼしても安心ですし、持ち歩く必要もなくなりますね。