ミニマリストの子連れハワイ旅行

ハワイに持って行くと便利なもの

ハワイでストレスフリーに過ごすために持って行く物

 

 

 

ハワイに持って行くと便利なモノをまとめます。

 

@ 1ドル札たくさん

 

チップを払う機会があるので1ドル札が多めにあると便利です。

 

ホテルのベッドメイキングなどはスタッフのために部屋を出る前にチップを置いておく必要があります。

 

 

チップを置いてなかったら、ゴミを捨ててもらえなかったなんてことも…。

 

大きなホテルならそんなことはほとんどないと思いますが、日本とちがってチップも給料の一部。

 

無ければスタッフのモチベーションは下がってしまうのは仕方がないです。

 

ドルに両替するときに1ドル札を多めに申請しましょう。

 

余った小銭を全部チップにして部屋に置いておく人がいますが、これはマナーが悪いのでNG。

 

 

重い小銭は誰にとっても重い。

 

 

 

帰国する際、ホノルル空港で小銭も円に両替できますので、待ち時間に両替すれば大丈夫です。

 

 

A クレジットカード

 

たくさんの現金を持ち歩くよりも安全でミニマム、そしてお得です。

 

 

B ティッシュペーパー

 

 

ホテルには少量のティッシュペーパーしか置いていませんし、日本の製品ほど質がよくありません。

 

1箱持って行けば便利です。

 

 

C 生理用品

 

現地で買うと高いし、いつもの日本製商品が買えるとは限りません。

 

 

D 折り畳み傘

 

濡れてから雨宿りでお店に入ると、冷房が過剰なので風邪をひきます。笑

 

 

ハワイの冷房はハンパなく強力です。笑

 

 

E セルカ棒(自撮り棒)

 

撮り方を工夫して思い出の写真を残しましょう。

 

 

F ポケットWi−Fi

 

お店やトロリーにもそれぞれWi−Fi環境はありますが、これが意外と通じません。

 

特に海外の通話料は高いのでLINEを使用すると思いますが、これが通じなかったらかなりストレスです。

 

あと、ワイキキを少しでも離れるとWi−Fi環境はありませんのでやはり1人または1家族に1台は必要です。

 

 

 

 持って行く必要のないもの

 

@ ビーチタオル

 

ホテルのフロントや専用フロントで貸し出していることがほとんどなので、わざわざデカいタオルを持って行く必要はありません。

 

 

A 浮き輪やサーフボードなど

 

ワイキキビーチであればほとんどのモノをレンタルできます。

 

ホテルでもビーチタオルを借りる受付でレンタルできるところが多いです。

 

 

B お土産専用のバッグ

 

旅先で服や持ち物を処分してくればトランクに空きができるのであえて別のバッグを持って行く必要はありません。

 

 

詳しくは、こちらを参照。

 

 

お土産で人気のマカダミアナッツやチョコなどは事前に注文しておくことで、現地で買う手間を省くことができます。

 

現地で買うより少し割高ですが、買って持ち帰る手間やもしかしたら溶けてしまうかもしれないというリスクを考えれば納得です。

 

お土産にとられる時間とストレスを減らしましょう。

 

 

 延長コード

 

illustratAC

 

以外と便利なグッズの1つです。

 

ホテルの部屋のコンセントは少ないかもしれませんし、遠い位置にあるかもしれないので1つ持って行くとかなり便利です。

 

「ミニマリストはそんな余分なモノは持って行かない」

 

と言いたいところですが、スマホの充電コードは案外短くて床に置いて充電することになりかねません。

 

 

うっかり踏んで画面がパリッ…

 

なんてことにならないように。

 

ホテルによってはサービスで借りられるところもあるかもしれませんので、事前に問い合わせておくのもアリですね。

 

 

おわり♪