世界のミニマリスト

スーパーセレブの倹約生活

 

大金持ちになって何でも手に入るようになった世界のセレブ達がなぜ倹約生活をしているのか。

 

具体的にどんな生活ぶりなのか見てみましょう。

 

 

ウォーレン・バフェット

 

世界有数の投資家ウォーレン・バフェット氏(総資産7兆円)は、1958年に300万円程度で購入した家にいまだに住んでいます。

−Wikipediaー

 

 

マーク・ザッカーバーグ

 

Facebookの創業者マーク・ザッカーバーグ氏(総資産3.2兆円)の愛車は、お値段300万円ほどの『アキュラTSX』と日本でもお馴染みの『フィット』

http://www.cafeglobe.com

 

若いスーパーセレブにとって『フェラーリ』などの超高級車はステータスですが、彼にとっては「乗りやすくて壊れにくい日本車」がミニマムなのです。

http://www.j-sd.net

 

 

 

チャック・フィニー

 

「Duty Free」の創設者であり、75億ドルの資産をもつ大富豪であるチャック・フィニー氏は15ドルのデジタル腕時計をはめ、よれよれのシャツを着ています。

http://www.epochtimes.jp

 

車も持っていません。

 

移動はエコノミー・クラス。

 

アパート暮らし。

 

大衆食堂を好み、移動は地下鉄かタクシー。

 

どケチなのかと思いきや、すでに40億以上を寄付しており、残りの40億も寄付予定。

 

さらにはその後も毎年4億ずつ寄付する予定だとか。マジスゲー(゚д゚)

 

彼の有名な言葉に

 

 

 「二つの足には一足の靴しか履けない。」

 

 「死体を巻く布に財産を入れるポケットは付いていない。」

 

 「天国にお金は必要ない。」

 

 

があります。