衝動買いを抑える方法

衝動買いを抑える方法

簡単な方法で衝動買いは防げる

 

今回は衝動買いを抑える効果的な方法を紹介します。(≧▽≦)

 

 

ついやってしまう衝動買い。笑

 

本当に必要な物ならいいけど、そこまで緊急性や必要性があったのか、と後々になって後悔することがほとんど。

 

 

では、どうやったら衝動買いを抑えて本当に必要な物を見極めることができるのか。

 

 

 

衝動買いする時の特徴

 

illustAC

 

 

@ 値札を見てしまったとき

 

プライスダウンのお得感に満足。安いからかっちゃった現象。

 

A 空腹のとき

 

 なぜだか不思議と…

 

B 出掛けた先

 

「旅の思い出」という特別会計システムの誕生

 

C ストレスを発散したいとき

 

買い物で本当にストレス発散?

 

D 新しい商品が出たとき

 

 商品戦略にハマる。

 

 

などなど。

 

 

色々な理由をつけて、とにかくもう買わない理由がないくらい…。

 

でも、衝動買いばかりしていたら、お金がいくらあっても足りません。

 

 

そろそろやめちゃおう!衝動買い。

 

僕たち、私達は〜、衝動買いから卒業します!(≧▽≦)

 

 

 

衝動買いしない方法

 

@ 値段は関係ない

 

「安いから買う」のではなく、必要だから買う。

 

プライスダウンを見てしまうと、買わないことが損のように思えてきてしまう。

 

値下げした分のお金が現金で戻ってくるわけではありません。

 

必要かどうかを決めるのはアナタ。

 

何店舗見ても、どんなに店員さんと仲良くなったって「買わないこともある。」と決意する。

 

 

A 空腹で買い物しない

 

空腹というだけで衝動買いしやすくなる。

 

余分なモノをたくさん買ってしまいます。

 

なるべく食事を済ませてから、あるいは小腹を満たしてから買い物に行きましょう。

 

 

B 買うものリストを持参する

 

リストにないモノは絶対に買わない。

 

illustAC

 

買い物がシンプルになって、潔く気持ちよく終わります。

 

「コレ欲しい」と思っても、それは「買うものリスト」に載るまで、「買う必要は無いモノ」です。

 

 

C 買い物でストレスは発散できない

 

お金が減って余分なモノが増えるなんて、正気の沙汰ではありません。

 

illustAC

 

目を覚ませっ!笑

 

 

D 「商品戦略」はスゴイと認める

 

優秀な大人達が生活をかけて商品を開発しています。

 

欲しくなるように次々と新しいモノを作り、買いたくなるように宣伝しています。

 

ブランドロゴやコマーシャルが存在しなかったとしても欲しいモノなのか、冷静に見てみましょう。

 

 

E あえてお店に行かない

 

お店に行くと色々な商品に目移りしてしまいます。

 

ネットなら目移りする可能性が少なくて短時間で「買い物」から離脱できます。

 

購入した履歴も見れるので、無駄遣いも把握でき、家計管理も楽です。

 

 

衝動的に高額商品を買いたくなってしまったときの対処法

 

ジュエリーやブランド品など、高額な物を衝動的に欲しくなってしまったときは…。

 

お店に行く前にカフェや飲食店に入る。

 

お店で一番高い物を注文する。

 

空腹による衝動買いを防止することができ、お店で「一番高い物を買った」という大きな満足感が得られます。

 

たとえそれがパン屋さんでいちばん高い数百円のパンでも同じ効果があります。

 

 

カフェに行って

「この店で一番高いドリンクをください」

って注文してみたり。笑

 

 

数十万円〜の衝動買いをしてしまいそうなとき、最も効果的な最終手段です。

 

 

奥さんにジュエリーやブランド物をせがまれたとき、お店に行く前にこのテクニックを使ってみると効果的かもしれませんね。笑

 

「うーん、やっぱりいらないかな。それよりディズニー連れてって。」

 

なーんて、落ち着いちゃうかも。( ̄▽ ̄)

 

 

おわり♪

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

見栄のために持っているモノはあなたを苦しめている 〜見栄を捨てる方法〜

 

まだお財布から現金を出し入れしてるの? 〜カードと電子マネーのメリット〜

 

まとめ買いは本当にお得なのか?