お酒をやめたらドリンクバーで興奮するレベル

お酒をやめたらドリンクバーで興奮するレベル

お酒をやめたらドリンクバーで興奮するレベル

 

子供の頃、ドリンクバーに興奮しましたね。(≧▽≦)

 

レストランのドリンクバー付きのセットは夢のようでした。

 

大人になって、お酒を飲むようになってからは、

 

「ドリンクバーなんて。子供じゃあるまいしっ!」

 

って感じで、イヤなヤツになっていました。

 

 

illustAC

 

 

しかし、いま再び我が家ではドリンクバーがキテます!笑

 

 

 

お酒をやめたらお得過ぎて鼻血でそう。笑

 

私は妊娠を期にお酒をやめました。

 

夫は、

「お酒で消耗する人生を送りたくない」

 

ということでお酒を断捨離しました。

 

私はもともとお酒が強くないので、それほどお酒に対する執着はなかったのですが、夫はいくらでも飲める人だったので断酒したことが奇跡です。

 

というのも、詳しくは

 

の記事で書いています。

 

お酒の本質を知らないまま、なんとなく飲み続けていたことに気付いたのです。

 

かなりのお金も消費してきましたが、これからの人生を考えれば健康になるし、大きな出費もなくなるので「人生が良い方向へ大きく変わる」ことが明確でした。

 

そこで断酒を思い付いたわけですが、断酒や禁酒って、他のことで補うことが前提にあるような気がしていました。

 

 

ある時、

「水だけでいいんじゃない?」

 

という言葉が降りてきたのです。笑

 

 

断酒や禁酒をはるかに通り越して、「水だけ」って…。

 

 

でも…、

 

いいかも…。(´・ω・)

 

 

なんで今まで思いつかなかったんだろう。w

 

 

いまどき、新しめのアパートや新築の家なら、標準で浄水器が付いている時代です。

 

それこそ浄水器なんかなくても、日本なら蛇口をひねればおいしい水がいくらでも出てきます。

 

海外ではまるで考えられないくらい「クリーンな水」と共存できています。

 

「飲む」ということ自体、「なんとなく」飲んでいたのだから、水だっていいんじゃないか。

 

水分補給としての「飲む」。

 

 

「なんてミニマムなんだろう」って思ったワケです。

 

 

コップすら要らないんじゃないか。笑

 

 

砂漠で一滴も水分がなくなった人が、水を一杯与えられ、飲み干した時の満足そうな顔。

 

子供と「ドラえもん のび太のパラレル西遊記」を見ていてハッとさせられました。

 

photoAC

 

アマゾンプライムビデオで無料で見放題です。笑

 

ドラえもんの映画はやっぱりイイですね。

 

 

 

ドリンクバーで子供と発狂する幸せ

 

普段は「水しか飲まない」で特別問題なく過ごせていますが、出掛けた先でドリンクバーがあると、夫と子供は目を輝かせています。

 

(゚д゚)(゚Д゚)ミッケ!

 

 

ウチの子は4歳ですが、ジュースが大好き。

 

illustAC

 

ドリンクバーのあるレストランに連れて行けば発狂します。

 

 

アホ男子なので。

 

夫も。

 

 

男子にとって「ママはママ」、「パパは友達」。笑

 

 

二人でいろいろ飲んだり、混ぜたり…。(混ぜるなっ!)

 

 

ドリンクバーは食事を頼むと無料で付いてくるレベルですから、これで楽しめるなんて幸せなことだと思います。

 

 

「ミニマムな生活って、本当に今までわかっていそうでわかっていなかった事が見えてくるなぁ」

 

と、つくづく感じる今日この頃です。

 

 

おわり♪

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

「快楽適応」を理解すれば小さな幸せに感謝できる

 

「繊細」を「女々しい」と勘違いしている人へ

 

「空腹感」が「幸福感」に変わるダイエット〜超少食を1年やってみた〜