断捨離する目的

断捨離する目的

「断捨離のための断捨離」が目的ではない

 

断捨離することの本当の目的について考えます。

 

 

断捨離が進み、身の回りがスッキリ片付いて生活が快適になると、捨てていく作業が快感になっていきます。

 

この時の状態は、未だ

 

「断捨離のための断捨離」

 

です。

 

illustAC

 

 

モノが最小限になってくると、そのクリーンな状態を維持したくなるため、

 

モノを増やすことに抵抗を感じます。

 

 

ショッピング中にも「ムダ買いしなくなった自分」を称賛する一方で、

 

「コレ欲しいけど、またモノ増えちゃうよな〜」

 

と考えている自分がいることに気づきます。

 

 

「せっかくキレイにしたからモノを増やしたくないな…」って。

 

 

しかし、これは自然なことであり、新しくモノを買うことが悪いことではありません。

 

 

断捨離と向き合ってきたことで、ムダ買いしてきた過去の自分を「悪」と位置づけがちですが、これは違います。

 

断捨離が落ち着いてくれば、人のキャパは広がるので、意図せずモノはまた少し増えて当然なのです。

 

このとき、「またモノが増えてしまった〜。」「結局自分は片付けられない人間なんだ〜」と嘆く必要はありません。

 

 

 

 

断捨離を通じて、新しいことに挑戦する自分になれた証拠

 

 

新たにモノが欲しくなったっていいんです。

 

それだけ断捨離を通じて自分自身のキャパが増えたのですから。

 

断捨離の先には、新しい自分にチャレンジする余裕が待っています。

 

 

断捨離した趣味の数だけ、新しい趣味ができたっていいじゃないですか。笑

 

 

 

モノより思い出を選ぶことができる人生を

 

photoAC

 

 

モノを持たないことにこだわって生きるために断捨離してきたわけではありません。

 

モノに左右される人生から、脱出するための断捨離だったことを思い出しましょう。

 

 

身軽になったアナタは何を買うのも自由。

 

どこへ行くのも自由。

 

それを目指してきたのです。

 

そしてまた、いつでもモノを手放して身軽になれるのです。

 

 

 

おわり♪

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

人は紙に書き出さないと「深く考える」ことができない

 

「ミニマリストを目指す…」その時点でアナタはすでにミニマリスト

 

ミニマリストになることはただの手段であって目的ではないヨ