「やめる」と今までやろうと思っていたことが「始まる」

「やめる」と今までやろうと思っていたことが「始まる」

何かを「やめる」と新しく「始まる」

 

 

今までずっとやりたいと思っていたことは何ですか?

 

誰にでも1つや2つあるはずです。

 

小さなことから大きなことまで色々ですよね。

 

 

いつ始めますか?

 

 

 

 

誰でも最初は何も持っていなかった

 

 

「ミニマリストになる」という選択があります。

 

ひとつの手段であり、目的ではありません

 

 

タバコをやめ、お酒をやめ、テレビをやめ…、

 

新しい人生を歩み出す人が増えています。

 

 

娯楽すらやめたっていいんです。

 

全く新しいことに取り組みましょう。

 

 

長らく愛用していたモノだって、何となく続けていたことだって、自分の中で「そろそろやめていいもの」になっていることがあります。

 

 

思い切ってやめてみる。

 

 

禅語に

 

本来無一物(ほんらいむいちもつ)

 

というものがあります。

 

人は皆、元々は何も持っていなかった。

 

 

 

やめても死んでしまうわけではありません。

 

なぜなら、私達は念じて心臓の動きをとめることすらできないのです。

 

 

減らして、手放して、捨てまくっても、生きていけます。

 

 

 

減らした分だけ大切なものが見えてくる

 

 

蛇口をひねれば、いつでも安全に飲める水が出てくる幸せにさえ、気づかなかった自分に驚きます。

 

 

多くを求めれば求めるほどに、「足らない」を感じてしまうのです。

 

 

 

隙間や沈黙はあるべきもの

 

 

満たされていることに気付かず、自分が何者でこどへ向かっているのかもわからないまま、隙間を埋めるのはもうやめてしまいましょう。

 

 

」、「余白」、「沈黙」 は必要です。

 

 

どんな美しいデザインも、穏やかな日々も、「間」や「余白」、「沈黙」があってこそ引き立ちます。

 

photoAC

 

 

少ない物で身軽になり、幸せを感じられるなら、それに越したことはありません。

 

 

 

おわり♪

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

「何もしないことに耐えられない」人間の本質を利用する

 

人は紙に書き出さないと「深く考える」ことができない

 

「空腹感」が「幸福感」に変わるダイエット〜超少食を1年やってみた〜