ミニマリストになって本当に欲しいものが見つかったときの幸福度ったらハンパない

ミニマリストになって本当に欲しいものが見つかったときの幸福度ったらハンパない

ミニマリストになって本当に欲しいものが見つかったときの幸福度ったらハンパない

 

ミニマリストになる前は、素敵なお店に入ると何もかも欲しくなってしまうくらいでした。(≧▽≦)

 

 

もう目がギラついてましたよ。(ΦωΦ)ギラッ

 

 

特に少しだけお財布に余裕があるときなんか、「さぁて、今日は何を買ってやろうかぁ…(゚д゚)」みたいな…。

 

 

買い物依存症かよ。

 

 

しかし今では、どんなに素敵なお店でも、落ち着いて店内を見て回れるようになったのです。(*´Д`)ホッ

 

 

というのも、それまでは「所有すること」に喜びを感じると勘違いしていました。

 

 

でも実際買って家に帰ってくると、なんだか冷めてしまう…。

 

 

本当に大好きで必要なモノではなかった証拠です。笑

 

 

買い物でストレスを発散できたり、何かが変わると思っていたのでしょう。

 

 

今では、お店に置いてあるモノを見て楽しめるようになりました。

 

 

店員さんとのやりとりも、今までだったら「この人は何かしら買うなオーラ」が全開に出ていたので、「ノリが合えば買っちゃう人」でした。

 

 

今では、「この人はメリットもデメリットもちゃんと説明しつつ、それでも買わない可能性がある人だな…。」っていうオーラが出ているんだと思います。

 

 

お店の人からしたら、「面倒くさいヤツ来た」感があるかもしれません。笑

 

 

でもなぜか、商品を本当に熟知している人とお話ができる機会が増えました。

 

 

ただ見てるだけなのに、どこからともなく、そのお店の「エース」が来て付きっきりで色々説明してもらえるんです。アリガタイ(*‘∀‘)

 

 

この「エース」が来たら私はなかなか離しませんよ。笑

 

 

このサイトを見てくれている方にもレビューできるように、このエースが持っている知識をすべて吸収しようとします。(ΦωΦ)ギラッ

 

 

エースですら回答できない質問もバシバシいきます。笑

 

 

たとえ私が買わなかったとしても、エースにとっては「そういう意見もあったかぁ」と、何かしらの収穫があるので、お互いにWinWin(双方利益)だと思っています。

 

 

 

モノと向き合えば、豊かになれる

 

illustAC

 

 

断捨離するときも、新しくモノを買う時も、1つ1つのモノと向き合います。

 

 

モノはその1つ1つが、「人間の発明品」です。

 

 

デザインや機能性、耐久性にいたるまで、見つめるほどに深みがあり、美しいのです。

 

 

穴があくほど見ますよ。笑 (´・ω・)ジー

 

 

 

それでも欲しい物は必ずある

 

ミニマリストになったら、欲しい物が無くなってしまうのでは?

 

モノを増やしたらいけないのでは?

 

と思うかもしれません。

 

 

でも、これは間違いです。

 

 

例えば、服。

 

 

特に女性にとって、服は特別なモノです。

 

 

人それぞれ好みは違いますし、「本当に好きで着ている服」や、「ときめく服」まで捨てる必要はありません。

 

 

それは断捨離を経て、「服が好き」だとわかった証拠です。

 

 

いままでゴチャゴチャと他のモノにとらわれていた時間を、大好きな服に使えるようになったということです。

 

 

ミニマリストになることは、目的ではなく手段です。

 

 

大金持ちでなくても、誰もが本当に好きな事や物に、惜しみなく時間やお金をかけられるようになれます。

 

 

「ミニマリズム」という心のフィルターを通ってアナタのところへ来た「物や経験」は、かけがえのない愛しい物になるでしょう。

 

 

 

 

まとめ

 

物を減らすと、必ず大好きな物や経験がやってくる。

 

 

つまりこれは…、

 

 

運気めっちゃ上がってるってこと!(≧▽≦)

 

 

 

おわり♪

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

「快楽適応」を理解すれば小さな幸せに感謝できる

 

「片づけたい」ならどんどんゴミ出しできる環境をつくる

 

スカルキャンディの振動する重低音ヘッドホン「クラッシャー」