一点に注力することもできるミニマリストの生活

一点に注力することもできるミニマリストの生活

 

 

 

ミニマリストが子育てするとどうなるのか、いろいろ実験しています。

 

こだわりも捨てちゃうの?」って勘違いされますが、そんなことはありません。

 

めっちゃこだわっています。笑

 

ミニマリストになったからこそ、「こだわり」が生きていますし、本当の意味でこだわることができるようになっていると感じます。

 

 

 

必要な「物・事」へ注力できるか

 

ミニマリストになったことで、思い立ったときに「本当に必要な物や事」へ、力を入れることができるようになりました。

 

以前は、ちょっとお金に余裕ができたり時間に余裕ができると、全然必要だと思えないことにひたすら時間を割(さ)いていたのですが。

 

ボー然とテレビを見て特集している商品を衝動買いしたり、同じようなセンスの服を買いあさったり…。

 

無駄のオンパレードです。笑

 

何がしたかったんだろう私…。(。´・ω・)?

 

「安物買いの銭失い」という言葉の通りで、次から次へと買い直していたんです。

 

「いざという時」にちゃんと使えるお金も持っていたいのに…。

 

illustAC

 

 

特にショッピングモールは大好物で、「アレもコレも…」およそ全てのお店に買いたい物があるような気がしていました。笑

 

ミニマリストになった今では、余裕をもってショッピングモールも見て回れるようになったので、安心。(*´ω`*)ホッ

 

 

面倒くさいことが嫌いなのに、掃除はしっかりやらないと気が済まない性格で、気付くと小一時間消耗していることもしばしば…。

 

実際にモノが多かった頃は、

 

・掃除する場所が多くて大変

 

(掃除用具もたくさん持ってたヨ)

 

・壊れたモノを買い替えるからお金がかかる

 

(なくても死なないモノをせっせと買い替えてたヨ)

 

・探し物に時間がかかる

 

(探したけど結局見つからなかったりしたヨ)

 

 

これじゃいくつ命があっても足りませんし、いくら時間があっても何も成し得ませんね。( ̄▽ ̄)ガビーン

 

 

 

「モノ」や「事」を減らして一点に注力する

 

illustAC

 

全部完璧になんかできません。

 

アレもコレも手を出して、すべて中途半端になるよりは、まず「ホントはどうでもいい物や事」を断捨離してしまえばとても楽になります。

 

全て手放してしまっても、本当に好きなモノなら買い直したってイイと思っています。

 

その時こそ、「私って本当にコレが好きなんだなぁ」って改めて実感できるし。

 

過去に手放したことを後悔するというより、そのモノの良さを再認識することができて、とても新鮮な気持ちになります。

 

人にどう見られようと、「コレが好き」とわかった結果ですから、周りの目は気になりません。

 

 

 

必要なことにお金をかけられる

 

本当に必要な部分には、しっかりとお金と時間をかけることができるようになりました。

 

どうでもいいことを考えている時間もミニマムになったので、悩み事やストレスも最小限になっていると感じます。

 

過去のハチャメチャな考え方や部屋の写真を見ていると、正直恥ずかしい。

 

なのに公開している。笑

 

全ては世界平和のため。( ̄▽ ̄)←アホ

 

 

 

まとめ

 

ミニマリズムはとても小さなことだけど、人生を好転させる大きな可能性に満ちています。

 

やりたいこと一点に集中できちゃう環境を作ろう!

 

「夢中になれる」、「本気になれる」って素晴らしいことだ。(≧▽≦)

 

 

 

おわり♪

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

 

「捨てのK点越え」がもたらす好影響

 

ミニマムな暮らしはお金が貯まる

 

「時は金なり?」時間を買うメリット