「繊細」を「女々しい」と勘違いしている人へ

「繊細」=「女々しい」ではない

 

勘違いしている人って多いですよね〜。

 

私の夫もムダに体育会系の時期が長かったので、長いこと勘違いしていたようです。

 

繊細な人のことは「女々(めめ)しい奴」と思い込んでいたみたい…。

 

 

私は「この人、根は繊細だな」と感じていたので、どうにか引き出そうと思っていました。

 

今はだいぶ穏やかになりましたよ。笑

 

illustAC

 

 

出会ったころはまだ、ギラギラする部分がありましたが。( *´艸`)ププ

 

 

 

繊細なほうがいろいろ気付く

 

photoAC

 

 

「繊細」っていうと、「心が傷つきやすい」とか、「打たれ弱い」というようなイメージがついてしまいがちですが、そうではありません。

 

 

「気にしやすい」→「よく気付く」

 

 

に変換してみたらどうですか?

 

 

「気にしやすい性格」を長所としてとらえるんです。

 

 

色々と考え込んでしまう性格の人は、「何か新しい『気付き(発見)』がある前兆」だと思えば気持ちがラクになります。

 

なんとなく落ち込むことがあったときは、「おっ、来た来た」と思えばいい。

 

そのくらいのほうが肩の力が抜けて、逆にリラックスして考え事ができます。

 

塞(ふさ)ぎ込んだときの自分だって、好きになってあげればいいんです。

 

 

具体的に書き出して、自分の中に溜まっているモヤモヤを出してあげましょう。

 

関連記事

 

 

 

モテたい男子にはギャップが必要

 

もし「ガサツ」 = 「男らしい」だと思っているなら、大間違い。

 

 

 

それじゃモテません。

 

勘違いすぎる。笑

 

必要なのはギャップです。

 

 

普段はとても繊細で、丁寧でありながら、いざという時はさりげなく男らしさを見せてくれる。

 

そんな男性に世の多くの女性は惹かれます。

 

 

「銃撃戦のあるアクション映画しか見ねーし」

 

みたいな男性には、ぜひ映画「しあわせのパン」とかを観てもらいたいですね。

 

 

静かで穏やかな、やさしい日々を過ごしたくなるはずです。

 

 

一緒に美味しいカフェやパン屋さんを巡れるような男性は素敵。

 

 

見た目はゴリゴリでも、内面に繊細さを持ち合わせている男性が今も昔もモテます。

 

逆に見た目は細くても、自然体でいれば図らずも、必ずどこかで「男らしさ」は出るから大丈夫。笑

 

 

 

 

女子は「草食系男子」を勘違いするな

 

「草食系男子」 = 「男らしさが足りない」 ではありません。

 

女性側も勘違いしている人がいますね。

 

優しい男性は嫌いですか?

 

穏やかでイイですよ〜。笑

 

 

でも男性はやはり女性と違って力があるので、いざというときはやっぱり頼りになります。

 

 

肉食系、草食系という2極イメージで判断するのは避けたいですね。

 

 

 

強がらない、背伸びをしない

 

人は自分を大きく見せようとしがち。

 

 

一体何のために見栄を張るのでしょう。

 

「女々しくならないように」 ですか?

 

 

背伸びをしてもイイことはありません。

 

 

ありのままの自分をさらけ出すには、勇気がいるものです。

 

しかし、背伸びをしたままの状態で、どれくらい暮らしていけるのでしょう。

 

 

あと何十年、背伸びを続けますか?

 

 

「ありのまま」をさらけ出すのは「怖さ」もありますが、死ぬ直前まで「強がり」でいるのは辛過ぎます。

 

周りはあなたの「強がり」に、とっくに気付いているし…。

 

 

やめた瞬間から、日常の生活が平和で幸せであると感じることができます。

 

 

関連記事

 

 

 

まとめ

 

 

「繊細」と「女々しい」は違う。

 

 

思いっきり繊細でいいじゃないですか。

 

見た目と違ったっていいじゃないですか。

 

 

「本番に弱い」と思う人ほど、背伸びをしている可能性があります。笑

 

 

強がりをやめて、素直にありのままの自分を生きましょう。

 

それもまた、人生の旨味(うまみ)ですよね。

 

 

 

おわり♪