「怠けたい、ラクしたい」からこそ効率的なアイディアが生まれる

「もっとラクしたい」が「もっと良くしたい」につながる

 

「怠けたい」とか「ラクしたい」と声に出すと、「がんばってないヤツ」みたいなレッテルを貼られそうですよね。(≧▽≦)

 

だからなかなか声に出せないし、

 

「ラクする方法なんか考えるもんじゃない」

 

みたいな風潮になってきちゃいます。

 

 

しかし、結果だけみると、世の中に革命や発展をもたらしたアイディアは、どれもコレが源になっていることに気付きます。

 

illustAC

 

 

アイディアを出した本人は、「もっとラクしたいから発明した」なんてことは、なかなか言いませんし、開発する過程は過酷な道のりだったと思います。

 

でも、追求しているのは、「もっと生活を便利にしたい」とか、「もっと簡単(シンプル)にしたい」ということ。

 

逆に、「もっと複雑で困難にしたい」なんてアイディアは、世の中を便利にしませんし、誰も求めていません。

 

 

 

silhouetteAC

 

今、急速に開発が進んでいる「車の自動運転」などがイイ例で、自動運転の技術が確立されれば、車を所有する必要がなくなるとも言われています。

 

都内でカーシェアリングが行われているように、スマホか何かで車を呼んで、一番近い車が私達のもとへ自動運転で駆け付ければいいだけの話。

 

なので、ムダな駐車場も必要なくなりますし、「運転免許」という複雑なシステム自体が不要になり、「事故処理」の手間まで断捨離できちゃいます。

 

 

つまり、みんなラクできる。(*´▽`*)

 

 

聞こえは悪いようですが、生まれる結果は同じ。

 

「ラクするために工夫する」ことで、世界が平和になります。

 

 

 

 

まずは日常からシンプルに

 

世界が大きく変わろうとしていても、自分の頭の中は、なかなか変わりません。

 

生活をラクにするために、何を頑張っていますか?

 

それは、「お金を稼げば楽になる」ということではありません。

 

お金をいくら稼いでも、物事を複雑にしてしまう思考でいる限り、生活はラクにならないからです。

 

それどころか、不要な「モノ」や「事」は増え続け、やがて「余分」が引き起こすトラブルに足元をすくわれる時が来てしまいます。

 

 

具体的に「足元」の話をします。

 

階段に置いたモノに、足をとられた経験はありませんか?

 

 

photoAC

 

 

階段は単に「上り降りするための段差」です。

 

収納ではありません。

 

もっと思考をシンプルにしましょう。

 

 

「たかがモノ。」

 

「たかが掃除や片付け。」

 

と軽く見ていると、日常はどんどん複雑になるばかり。

 

トラブル(厄病神)が付いてまわる生活になってしまうので、足元からシンプルにしていきましょう。

 

 

 

「もっとラクしたい」を明確にする

 

例えば、次のように考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

「掃除をラクにしたい」

 

 ↓

 

ホコリや汚れが溜まる要因自体を断捨離する。

 

 

 

「管理をラクにしたい」

 

 ↓

 

管理するモノ自体を最小限にする。

 

 

 

「やりたいことだけをしたい」

 

 ↓

 

「やらなくてもいいこと」を最小限にする。

 

 

 

思考自体をシンプルにしてしまうと簡単ですね。笑

 

 

 

 

まとめ

 

「もっと改善したい」という前向きな動機でも、「もっとラクしたい」というやや後ろ向きと思える動機でも、「良くするための工夫」につながる。

 

動機は何であれ、より明確にするだけで、自分の環境は劇的に変化する。

 

 

「変わる」ことに抱く感覚は「抵抗や怖さ」があるけれど、

 

「変わらない」ことがもたらすのは「支障と不便さ」。

 

 

今までもこれからも、変わっていくしかないから、私は自分の意志を明確にしておきたいと思う。

 

 

 

よい1日を♪

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

 

しないことリストの作成 〜ストレスフリーに生きる方法〜

 

ミニマムな暮らしはお金が貯まる