日常生活のサンクコストは?それってコンコルド効果で機会損失?

日常生活のサンクコストは?それってコンコルド効果で機会損失?

日常生活のサンクコストは何か

 

「難しい言葉並べて、一体何を言っているんだ?」

 

「私には関係なさそうな言葉だなぁ」

 

 

そう思った人は要注意。

 

 

人の一生にかかるコストを考える上でも、この考えは避けて通れないからです。(≧▽≦)

 

優秀な一部の企業がせっせと計算するだけのものではありません。

 

 

 

サンクコスト(埋没費用)とは

 

投資したお金や労力のうち、取組みをやめても戻って来ないお金や労力のこと。

 

 

「あんなにお金かけたのに、元がとれなかった〜」

 

 

という損失のことです。

 

 

コンコルド効果とは

 

Wikipedia

 

 

お金や労力を投資し続けても、採算が合わないとわかっていながら、これまで投資してきた分を惜しむあまり、

 

引き時(やめ時)がわからなくなる状態のことです。

 

 

「ここまで来て、今さら引き下がれるかぁ〜。」

 

 

って状況のこと。

 

 

「コンコルド効果」という名前のとおり、コンコルドという超音速旅客機の商業的失敗が由来になっています。

 

コンコルドは、莫大な資金を投資して開発した「超音速で飛べる旅客機」のことです。

 

マッハ2.0で飛べるらしい。 (;゚Д゚)ハエ〜

 

 

非常に夢のある取組みですよね。

 

一度乗ってみたかったですが、普通の座席でファーストクラスよりさらに高かったらしいです。笑

 

損失が大きすぎて、今では製造していません。

 

コンコルドの製作途中で、

 

「これまで費やした投資の大きさを考えると、今さらやめられない…。」

 

という状態になったことで、やめ時がわからなくなり、それでも意地になって続けてしまったことによって、莫大な資金と時間と労力が失われました。

 

商業的に失敗に終わった教訓が、「コンコルド効果」と呼ばれるようになったのです。

 

 

 

日常の生活で何か思い当たる部分がありましたか?

 

具体的に一緒に考えてみましょう。

 

 

 

一般家庭におけるサンクコストって具体的に何?

 

ケースNo1

 

お金がかかる車を所有しているが、普段は家計にやさしい自転車で通勤しているという場合

 

これは実体験です。笑

 

明らかに自転車の方がエコだし、健康にもイイですよね。

 

滅多に乗らないのに、ナンバーを登録してあるだけで、車検や税金、整備費用がかかる車を所有している…。

 

私も車が大好きなので、気持ちはよくわかります。

 

「今売っても大したお金にはならないし、いざというときは車で行けるから、とりあえず。ねぇ…。」

 

という感じ。

 

 

しかし、この状態であれば、「所有していること自体」がすでに損失。

 

損失分を埋められる見込みはありませんし、一刻も早く手放す意外に、損失を最小限に止める手段はありません。

 

 

 

もう少し身近で少額なコンコルド効果を考えてみます。

 

ケースNo2

パチンコやスロットで、5万円を突っ込んで(使って)しまった場合

 

「もう少しで出る(当たる)はずだ。」

 

という具合に、「やめ時」がわからなくなることがあると思います。

 

こんなとき、さらに3万円を投資して、大当たりを引いたことで、

 

「おっ、こりゃ、上手くいけば回収できそうだ」

 

と意気込んで、さらに続けると、その当たり分まで吸い込まれて(浪費)してまうことがあるでしょう。

 

 

結果的には8万円の損失です。笑

 

 

5万円の損失が出た時点で「やめ時」を見失ったことが原因ですね。

 

 

このように、資金と労力、さらには時間を浪費してしまうことになります。

 

 

 

機会損失って?

 

機会損失とは、一言でいうと、「儲け損なうこと」です。

 

(この「儲け」は単にお金の金額だけのことではありません。)

 

 

車やパチスロの例で言うならば、その分の資金や労力や時間を他の有益なことに使えていれば、別の利益を生むことができたかもしれません。

 

しかし、「やめ時」を見失ったことにより、本来得られたはずの他の利益まで失ってしまうという損失を出しました。

 

 

例えば、1日パチスロに行って8万円負けてくる分を、家族の旅行に使っていたらどれほど有益だったでしょうか。

 

あるいは、貯蓄していたら、どれほど有益なことに使えたことでしょう。

 

 

機会損失とはそういうものです。

 

 

 

まとめ

 

一般家庭の日常生活にも、サンクコストやコンコルド効果を当てはめて考えることで、見えてくるものがありますね。

 

細かく家計を計算するよりも、本質的な部分に目を向けた方が、ずっと楽になる場合が多いです。

 

 

「政府は抜本的改革と口ばかりで、全然景気がよくならないじゃないか!」

 

とムダ口を叩いている暇があったら、自分の生活を見直してしまった方がサクッと豊かになれそうですね。笑

 

 

 

おわり♪