寝室の寝具を全て白にした理由

寝室の寝具を全て白にした理由

寝室の寝具を全て白にした理由

 

寝室はダブルベッドとシングルベッドをくっつけて、家族4人で川の字に寝ています。

 

子供は4歳の長男と生後1か月を過ぎた次男。

 

 

約半年前に、寝具をすべて真っ白にしました。

 

 

 

 

↓AFTER

 

 

 

無印良品のボックスシーツとかけ布団カバーを使っています。

 

 

 

 

ボックスシーツは伸びがあって足つきマットレスとエアリーマットレスをスッポリ包んでくれて、収まりがとてもキレイ。

 

 

角もピッタリ。

 

ベッド下も余裕の収まり具合です。

 

 

 

白の清潔でノイズフリーな世界に誘(いざな)われます。(*´▽`*)

 

 

 

 

まくらカバーも無印。

 

 

 

掛布団は、羽毛布団に無印のかけ布団カバーを使用しています。

 

 

 

ゲストルーム(将来は子供部屋)も全て真っ白に…。

 

 

 

 

 

私が真っ白のベッドにこだわる理由

 

 

一番懸念されるのは、「汚れが目立つんじゃないか」ということでした。

 

 

しかし、真っ白なので汚れたら漂白してしまえばいいんです。

 

 

茶色やベージュなどの色は、確かに汚れが目立ちにくいかもしれませんが、漂白をかけることができません。(色落ちしてしまうから)

 

 

生まれたての次男が寝ている下には、無印の白色バスタオルを敷いています。

 

ウチはバスタオルもフェイスタオルも全て無印の白。

 

 

これも理由は同じで、白だとノイズが消せるメリットがあるのと、汚れたときに躊躇(ちゅうちょ)なく漂白できるからです。

 

 

「汚れが目立つ」ということは、「汚れが見える」ということであり、

 

逆に、「目立たない」ということは、「汚れが見えない」ということです。

 

 

見えることですぐに対処できたり、異変に気付くことができると考えています。

 

 

 

 

白なら背景としても使えて写真映えするヨ

 

 

 

 

ベッドが真っ白なら、子供の写真を撮影する際の背景として利用できますし、何よりキレイで気持ちイイんです。

 

 

まるでホテルのような心地よさ。

 

参考記事

 

 

毎日真っ白で清潔な布団で寝て、真っ白な光の中に目覚める心地よさはたまりません。(≧▽≦)

 

 

 

 

最初は勇気がいりましたが、やってみると意外と大丈夫。

 

 

状況に応じて色は変えていこうと思っていますが、今のところ真っ白の気持ち良さに勝るものはありません。(´∀`*)

 

 

なんでもやってみるもんですね。笑

 

 

 

よい1日を♪