南の島に移住するのが最強にミニマムかもしれない件

南の島に移住するのが最強にミニマムかもしれない件

 

衣替えの時季ですね。

 

やっと冬物をしまったと思ったら、冬に逆戻りしたように寒い日があってまた取り出したり、いきなり夏日になったり…。

 

この時期は気温の変化が激しいですね。笑

 

 

ミニマリストなので、服は少ないから「奥の方にしまっちゃって出せな〜い」みたいなことはないのですが、

 

日本に住んでいる限り、ひと通り季節ごとの服を所有しなければならないことが面倒てす。(。-∀-)

 

 

冬は嫌いではないのですが、この四季がある日本で厄介だと思うのが、必要な服の多さ。

 

 

 

南の島なら着る服がミニマム?

 

photoAC

 

これがハワイとか、南の暖かい気候の島なら、1年を通してTシャツやワンピースでいられるのかなと思うと、移住したくなっちゃいます。笑

 

夏服をくり返し1年中着ることになるので、確かに傷むのは早いと思いますが、その分オシャレの回転率も上がると思えば悪くはない話。

 

常にトレンドを1年で消耗できれば、言うことないですよね。笑

 

カワイイブーツが履けなくても、かわいい靴はたくさんありますからね。

 

服って単純に生地の量によっても値段変わってくるし…。

 

 

 

車のタイヤもスタッドレスに履き替えたり、極寒の中、チェーンを脱着する手間も必要なくなります。

 

アレはマジでしんどい。

 

危ないし。

 

 

暖房器具も必要なくなります。

 

エアコンは冷却機能たけの装置で十分なので、構造がシンプル。

 

夜が涼しい地域なら、クーラーすら必要ないかも。

 

器具の買い替えもミニマムです。

 

 

 

でも結局、自国が最高?

 

 

ここまで南の島がミニマムだとわかっていながらも、日本はやっぱり良いところだなと感じます。

 

自国はやはり、生活の難易度が低くできるし、日本は特に治安が良くて、なんでも揃うのが魅力的。

 

財布を落としても拾って届けてくれる人も多いし。笑

 

 

1年を通して暑かったり寒かったり、とても忙しいですが飽きない理由でもあります。

 

 

 

南の島といえばハワイですが、

 

現地に住んでいる友人がいるので、実際のところどうなのか、聞いてみようと思います。

 

 

また後日記事にしたいと思います。(*´▽`*)

 

 

 

よい1日を♪

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

 

「ミニマリストを目指す…」その時点でアナタはすでにミニマリスト

 

私が早起きするもう1つの理由

 

アホ男子4歳が「気品あるラスクの気品ある食べ方」に挑む