「汚宅(おたく)にお邪魔します」とは言わせない

「汚宅(おたく)にお邪魔します」とは言わせない

 

断捨離してますか〜?

 

 

汚宅(おたく)だなんて、言われたくないですねー。笑

 

でも、他人は口に出して言わないだけで、実際はそう思っているものです。

 

 

 

自分が普段過ごしている空間って、だんだんマヒしてくるので、余分なモノでも

 

「そこにあって当たり前」

 

になってきてしまいます。

 

 

不思議なもので、かなり客観的に自宅を見ないと、どのくらい汚部屋(汚宅)になっているかわからなくなってしまうのです。

 

それこそ、写真を撮って細かく分析したりしないと、もはや気付けないレベルに…。

 

 

 

「いつのまにか…」が始まり

 

 

モノは2〜3日もその場所に放置すれば、あたりまえの光景になります。

 

景色の一部になってしまった瞬間から、汚部屋(汚宅)はスタートです。笑

 

 

まずは真っ新(まっさら)な状態をよくイメージして、何を足していくのか考えてみましょう。

 

何もない台の上に、1本ずつお花を挿していくイメージで。

 

illustAC

 

 

 

 

何もない部屋に、必需品と大好きを1個ずつ足していく感じ。

 

 

 

 

 

「本当は無くても困らないモノ」や、「「なぜ今までそこに置いといたんだろう?」というモノって結構多いと思います。

 

 

1つ出ていくと、1つ新しい発見ができるようになるので、人生にもハリが出るような気になります。

 

 

「自分がその気になる」エネルギーってすごく大事ですよね。

 

 

自宅をパワースポットにしちゃいましょう。(´∀`*)

 

 

 

よい1日を♪

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

部屋をホテルライクにする方法 〜ストレスフリーに生きる方法〜

 

学校では教えてくれない「片づけ・断捨離」のこと

 

「やめる」と今までやろうと思っていたことが「始まる」

 

「何もしないことに耐えられない」人間の本質を利用する