テレビが浮きました(壁掛け風)

テレビが浮きました(壁掛け風)

 

ついに我が家もテレビを壁掛けっ♪

 

とも考えたのですが、ただテレビを壁に付けただけでは、コンセントが丸見えになってしまうことが判明したのです。

 

 

 

 

ガーン、、、

 

 

 

ちょうど壁かけテレビが流行りだしたころに建てた家なので、テレビボードの存在が前提でした。笑

 

 

 

しかーし!!

 

 

そんなことで好きなインテリアを諦めてはいけません。

 

 

いろいろ模索した結果、、、

 

 

こうなりました。

 

 

 

 

 

 

お〜っ!!

 

 

壁にかかってる風。笑

 

 

コンセントや配線もイイ感じに収まって、なかなかスッキリ。

 

 

コレ、テレビスタンドです。

 

 

 

 

かなり丈夫なので、大きなテレビもいけちゃいます。

 

ウチのテレビは古いAQUOSの40型ですが、今どきあり得ない程に分厚い上に、めっちゃ重量があります。笑

 

 

そんな我が家の重くてボロいテレビでも、グラグラせずにしっかりと壁際にセッティングできました。

 

 

 

なぜこんな古いテレビを未だに使っているのかというと、

 

1つは、ミニマリストになったことで、テレビ自体が断捨離対象だったから。

 

新しいテレビを買うのはもったいないと思っていたところ、アマゾンのファイヤーTVが見れるようになったことで、このテレビは処分を免れました。笑

 

 

 

もう1つの理由は、なんちゃって音響がイイということ。

 

これ、かなり意外なのですが、今どきありえない厚さの理由はフレームの下部分に音響バーが付属しているからです。

 

 

 

最新のテレビは薄くて軽いですが、音の鳴りが犠牲になっているため、結局ホームシアターセットを組まなければなりません。

 

Σ(・ω・ノ)ノ!

 

 

ところがウチの古いテレビは、なんちゃってウーファーも一体化しているため、テレビ単体でそれなりの音響で、自宅え映画を見るには十分。

 

 

というワケでテレビスタンドを購入しました。

 

 

組立製品なので小さな箱で届きます。

 

 

 

 

楽天だとコレ

 

 

 

 

私が買ったのは、「ハイタイプ」のホワイト。

 

 

 

商品自体はコンパクトですが、強度がある分、めっちゃ重いです。笑

 

 

 

さてさて、組み立ててみましょう。

 

 

 

見やすい日本語の説明書と工具が付属するので、女性の私でもできました。

 

 

 

 

しかし、テレビを持ち上げてスタンドに引っ掻けるときは、さすがに二人で作業する必要があります。

 

 

土台のボードは大きめですが、薄くて裏側にはちゃんと緩衝材が付いています。

 

とりあえず説明書どおりにスタンドを組み立てていき、、、

 

それらしい形になっていきます。

 

 

 

 

ここで苦戦したのが、ウチのテレビが古かったため、もともと付いてた足を外すのにひと苦労。

 

サポートサイトを見ても、すでにサポートが終了している型式のようです。

 

どこをどう外せばいいのかわからなかったので、結局裏面のカバーのネジを20ヵ所くらい外して分解。笑

 

 

 

 

外したテレビの脚

 

 

今どきのテレビはここまでしなくても、ネジを2〜3個外せば解決する物がほとんどです。

 

 

裏面カバーをもとに戻して、、、

 

 

いざ引っ掻けます。

 

この時ばかりは、テレビの両側面から金具を見ながら引っ掻ける必要があるので、二人で作業しましょう。

 

引っ掻けた部分を固定する金具を取り付ければ終了。

 

 

 

 

テレビの型やメーカーによっても、取り付ける金具の位置が異なりますが、相当特殊なテレビでない限り、金具の調整で取り付け可能なようです。

 

 

 

壁に近づけて配線をつなぎ直します。

 

カバーの裏側にコンセントごとキレイに収まるように設計されていて、コードも束ねられるようになっていて便利。

 

壁にギリギリまで寄せることができました。

 

 

 

 

テレビボードに乗せていたときは、ウチのアホ男子2号が勝手にボタンやコードをイジッてしまうことがありましたが、

 

 

 

 

スタンドに設置してからはちょうどいい高さになり、イタズラも減って見た目もスッキリして一石二鳥です。笑

 

 

 

 

ベビービョルンのチェアに座ると、ちょうどいい目線になるようで、アホ男子も満足そう。笑

 

 

 

 

アマゾンのプライムビデオで「おさるのジョージ」(無料)をエンドレスに見続けてくれるので、とても静かです。

 

 

 

テレビが浮いたことで、テレビボードがあった部分にソファを設置したりもできちゃいますね。

 

 

 

 

オプションでブルーレイレコーダーなどを置く棚を付けることもできます。

 

 

 

 

今更ですが、やっぱりテレビは壁にかけるもんですね。(´∀`*)

 

 

 

 

よい1日を♪

 

 

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

「床に置かない」それだけでミニマム度とスッキリ感アップ

 

プロの業者に「エアコンクリーニング」を依頼しました

 

子供が最短で自転車に乗れる方法