レーシックで減らせるモノ・事

レーシックで減らせるモノ・事

 

 

レーシックをした経験から、実際のところどうなのかお話します。

 

上の写真は、以前使用していたコンタクトレンズとケア用品やメガネなど。

 

レーシックの感動を実感するために時々眺めていますが、そろそろ捨てます。←捨てました。笑

 

「ミニマリストならさっさと捨てろよ」 って感じ。笑

 

 

それくらい感激しているということです。(*´▽`*)

 

 

減らせるモノはこれ以外にも

 

@ 予備のコンタクトレンズや外出用のケア用品

 

A 検査や買い出しに行く手間・費用

 

B 眼精疲労・眼のトラブル

 

C 目薬(なくすことがあるのでバッグごとに)

 

D ストレス

 

など。

 

コンタクトレンズもケア用品もメガネもすごく高いし、

 

「私はこのまま一生この費用を払い続けるのだろうか…。」

 

と悩んでいました。

 

ドラッグストアに行く度に特売品のコンタクトケア用品を買いあさっていたのです。笑

 

 

メガネ時代の写真を見ると、今でも

 

「もっと早くレーシックしておけばよかった…。」

 

と思ってしまいます。笑

 

 

 

 

レーシック手術を受ける前は…

 

私は7年以上前にレーシック手術を受けました。

 

今でも視力は衰えず 1.5 を維持しています。

 

以前はド近眼と極度の乱視に悩まされていましたが、どちらも解消されました

 

レーシックのすごいところは、近視だけでなく

 

 乱視まで治っちゃう

 

ことです。

 

それまでは、特注で高いコンタクトレンズを買っていました。

 

乱視が強いこともあってか、半年もたたないうちに度が合わない気がしてきて、再調整に行ってたんです。

 

再調整に行くときって、朝から裸眼で過ごしたときと、お店に行ってからレンズを外した場合とでは、なんだか見え方に差がある気がして、いつも 「なんとなく合っているレンズ」 を作っている気がしてとてもストレスに感じていました。

 

 

 

レーシックを実際に受けてみて思うこと

 

 

 

「レーシックは、なんとなくコワイ」

というイメージが最初はありました。

 

でもそれ、

 

 

洗脳されているだけです。

 

 

もっと早く気づいていればよかった…。

 

 

2008年から2009年にかけて発生した「レーシック手術集団感染事件」により、たくさん報道されていたからです。

 

私が受けたのはちょうどその直後なので、周囲からも 「危ないからやめなよ」 という声が飛び交っていましたが、私には聞こえませんでした。笑

 

illustrAC

 

 

それよりも、「このストレスから1日も早く解消されたい」と強く願っていたからです。

 

私はむしろ「この事件でレーシック業界が安全への認識を改めたのではないか」と感じていたので、

 

 

 逆に今じゃね?

 

 

という思いがありました。

 

 

そもそも、出来もしないことで業界が成り立つはずないですからね。笑

 

問題無く出来ることを一部の情報が多くの不安を煽っただけです。

 

 

実際に都内の有名クリニックに行ってみると、想像以上にちゃんとしていました。笑

 

不安や心配は何だったのか。

 

「やめといたほうがいいよ」 とか言ってた人〜!。

 

その根拠なにぃ〜? 笑

 

 

「百聞は一見に如かず」とはまさにこのことだと思いました。

 

誤解している人のほとんどは、「角膜を削りとって屈折を変えてしまう手術」 だと思っています。

 

角膜のカタチを変えてしまう… みたいな。

 

私が実際に受けた手術は角膜を削り取っていませんし、レーザーを当てます。

 

 

麻酔は点眼麻酔だけで全く痛みはありません。

 

 

手術行程の9割以上は最新の機械が行うため、清潔超精密です。

 

「失敗したらどうしよう」 というよりも、手術できない人は検査の段階でわかりますので、

 

 

 そもそも成功する人しか受けられない。

 

 

なのでレーシックを受けられるのかどうかを検査してみることが第一歩です。

 

怖くなったら途中でいつでもやめることができます。笑 

 

 

 

まずはレーシックを受けることができるか無料の検査を受けてみることをオススメします。

 

いくらお得だからと言っても、全員が受けられるというワケではないので…。

 

 

メガネやコンタクトに負担する費用や手間を断捨離して、もっとストレスフリーになっちゃいましょう。(´∀`*)

 

 

 

よい1日を♪

 

 

 

 

神戸神奈川アイクリニックの充実のアフターケアー