ミニマリストの庭

ミニマリストの庭 〜ストレスフリーに生きる方法〜

芝とコンクリートの美しさ

 

 

ウチの庭です。(2階ベランダから撮影)

 

コンセプトは 「美術館の庭」。

 

 

 

この庭を作った時はまだ 「マキシマリスト」 だったのですが、「美術館のような美しい庭を造りたい」というコンセプトはなぜか一貫していました。

 

(明確なコンセプトがいかに大切か表れている部分だと思います)

 

 

 

美術館といえば 「コンクリート打ちっぱなし」 の構造が多いですが、そこにあえて「ミニマムな自然」を組み込むことで、どちらも際立つと思います。

 

 

コンクリートは平面で使用する場合、構造の自由度が高い素材ですので、緩やかなカーブを描くことも可能。

 

 

汚れてきたら年に1回程度ケルヒャー等の高圧洗浄機で清掃すれば、元の白くてキレイな姿に戻るのでオススメです。

 

 

通常のノズルだとコンクリートを均一にキレイにするのはとても難しいので、私はケルヒャーに接続するテラスクリーナーノズルを使っています。

 


 

 

 

 

芝は電動で手入れする

 

芝の種類は「高麗芝」です。

 

 

芝のお手入れには

 


 

を使用中。

 

 

こんな感じに仕上がります。

 

 

整備したてのサッカーグラウンドのような感じ。

 

 

この電動芝刈り機のイイ所は、

 

@ 安い

 

A 耐久性がある(構造がシンプル)

 

B 刃(チップソー)を替えることで性能が上がる

 

 

付属の刃は8枚刃ですが、

 

 

32枚刃

 

 

などに交換することができるので、格段に性能をUPすることができます。

 

 

最初から付けときゃいーのに…。( ̄▽ ̄)

 

 

 

上級グレードでリール式の

 


 

 

仕上がりの美しさを追及する場合、少し高いですがオススメです。

 

オプションで根切りやサッチを取り除く専用リールに交換することもできますよ。

 

 

 

美しい芝の上でバーベキューをしらた最高に気持ちイイ!

 

関連記事

 

 

 

よい1日を♪

 

 

 

 

↓こちらの記事もどうぞ

 

ケルヒャーテラスクリーナーを3年間使ってわかったこと

 

芝生を「水・エアレーション・液肥」で元気に復活させる

 

芝焼きの方法〜2月が芝焼き時期だから手順とアイテムをまとめたよ〜

 

ミニマリストのバーベキュー(最新版)