秘技!サーバーを使わずに缶の発泡酒でお店の生中を再現する方法。

自宅でアレが飲める!?

 

 

 

夫がなかなか使えるワザを持っていることに気付きました。笑

 

サーバーを使わずに、缶の発泡酒からでもクリーミーな泡の「生中」を再現する方法です。(≧▽≦)

 

ハッキリ言って、よくある「3度注ぎ」とはまた別格のワザです。

 

どこから教わってきたわけでもなく、「美味しく飲みたい」という気合で行き着いた方法だそうです。笑

 

ここ一年間、夫は断酒していたので埋もれていました。( ̄▽ ̄)

 

実際にやってみたので、画像とともに紹介します。

 

同じ方法でやれば99%上手にできます。

 

今回は難易度高めの「発泡酒」で実践しますが、本物ならさらにクリーミーに仕上がりますよ。(*´▽`*)

 

 

@ グラスと缶を冷蔵庫で冷やす

 

 

まず1つ目のポイントです。

 

ジョッキを冷やすのはもはや当然のような感じですが、「冷やす場所」が重要で、冷凍庫ではなく冷蔵庫。

 

冷凍庫でジョッキを冷やすと、注いだ衝撃で飲料がシャーベット状になってしまいます。

 

(それはそれで美味しいですが…)

 

使用しているジョッキグラスはこちらです。

 

 

 

A 高い位置から細く注ぐ

 

 

ジョッキと缶がそれぞれよく冷えていることを確認したら、さっそく「プシュッ」とオープンして注ぎましょう。

 

高さは30cmくらい。

 

ポイントは注ぐときの「細さ」。

 

5mmです。

 

ドバドバ注いでしまうと泡立ちが良過ぎて、キメ細かさが失われてしまうので注意してください。

 

 

通常、サーバーを使って注ぐときは、最後にキメ細かい泡で美味しさを閉じ込めるのですが、

 

この方法では、最初にキメ細かい泡を作るのがポイントです。(・´з`・)

 

 

B 泡が完成したら近づけて注ぐ

 

 

キメ細かい泡が3cm〜5cm作れたら、ジョッキと缶を近づけて静かに注ぎます。

 

もう細さにこだわる必要はありません。

 

ジョッキは斜めにしたまま、ジョッキの内側をつたうように、静かに注いでください。

 

 

C 注ぎきって完成!

 

 

最後まで静かに集中して注ぎきりましょう。

 

すばらしいジョッキの完成です。(≧▽≦)

 

 

だいたい40秒くらいで完成する速度がベストだと思います。

 


 

心配な方は、空き缶に水を入れて細く注ぐ練習をしてみると安心ですね。

 

私でもできたので大丈夫。笑

 

 

プッハー!!うめぇ〜!!

 

ってやってください。笑

 

参考

 

 

幸せ過ぎて一日の疲れも吹っ飛びますよ。( *´艸`)

 

 

おわり♪